ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス “The Hunger Games: Mockingjay - Part 1”

監督:フランシス・ローレンス

出演:ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、
   リアム・ヘムズワース、ウッディ・ハレルソン、エリザベス・バンクス、
   ジュリアン・ムーア、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジェフリー・ライト、
   サム・クラフリン、ジェナ・マローン、ウィロウ・シールズ、
   スタンリー・トゥッチ、ドナルド・サザーランド、マハーシャラ・アリ、
   ポーラ・マルコムソン、ナタリー・ドーマー、エヴァン・ロス、
   エルデン・ヘンソン、ウェス・チャサム、サリタ・チョウドリー、
   ステフ・ドーソン、ロバート・ネッパー

評価:★★




 ジェニファー・ローレンスを正真正銘のメガスターに押し上げた人気シリーズの第三作『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』と前二作との最大の違いは、ゲームが出てこない点だ。圧政を強いる独裁国家パネムに反乱軍が立ち上がる。いよいよ決戦のとき、これは盛り上がりそうだ。…という期待はあっさり裏切られる。どうやら原作の三冊目を2本の映画に分けたようで(儲けないといけないからね)、作中、カットニス(ローレンス)がアクションに参加する場面が数えるほどしかないまさかの結果。いや、そもそもアクション自体が少ないんだけどサ。

 では代わりに何が描かれるのか。前半は一作目(12年)の繰り返しだ。リアリティ・ショー社会を痛烈に皮肉ったアレを反乱軍の中でも見せる。カットニスは希望の星。彼女を利用して人々を団結させようとする反乱軍が執拗に描写される。反乱軍の危うさを描く意味を考えれば妥当なのだけど、どうもやり口に芸がなく、そのため同じことを見せられている気分。

 おそらくカットニスをジャンヌ・ダルクのように見せたいのだろう。それを実現させるための装飾が、何ともまあ地味。物資が足りない社会、生死がかかった真剣な戦いの現実と承知しつつ、色が全く見えず、暗く、沈んだ衣装や美術、風景ばかりが並べられると、さすがにゲンナリ。前二作であれだけ奇抜を極めたエリザベス・バンクスでさえ、囚人風のメイクや衣装で終始するのだ。

 後半は遂にカットニス爆発かと思いきや、ここでもテンションは抑えられる。人質になったピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)のことを気にすることに一生懸命で、民衆を引っ張るカリスマ性は最後までレザースーツの下に封じられる。クライマックスのピータ救出シークエンスでさえ、カットニスは現場の映像をモニター越しに見守るだけとは…えっ、何を考えているの?

 おそらくこれは原作通り。話の筋を丁寧に守り、原作愛読者に気を遣った結果なのだろう。全く余計な配慮と言える。一冊の小説を二作に分けるのだから、こういう結果になってもおかしくない。ならば、それをフォローする工夫を見せなくてどうする。ジュリアン・ムーアを新投入して満足している場合ではない(なぜムーアが?完結編で意味が分かるのだろうね?)。

 ところで、ローレンスはそれでもひとつ見せ場を作った。作中、数少ない緑が見られる場面。湖畔の岩の上に座り、歌う場面があるのだ。本気の歌唱ではないので実際の実力は判断しかねるものの、声質にあのアデルを思わせるところがあり驚く。楽曲もその声質に見合った仄暗さがあり、静かに炎が立ち上がるイメージを連想させる。

 次回でシリーズは完結する。今回の反動でカットニスが暴走と言えるくらいに弾けることを期待する。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ