テルマエ・ロマエ

 めっきり漫画は読まなくなった。佐々木倫子の新刊をチェックするぐらいだろうか。そんな中、久しぶりに出合った漫画が、マンガ大賞2010というのを受賞したらしい『テルマエ・ロマエ』である。ヤマザキマリという方が描いたお風呂漫画だ。

 古代ローマ時代に生きる風呂の設計技師ルシウス・モデストゥスが主人公。彼がことあるごとに現代日本の風呂場にタイムスリップしてしまい、平たい顔族(日本人)の優秀な風呂文化・風呂技術に感心したりショックを受けたりするカルチャーギャップコメディ。ルシウスの生真面目ぶりと日本の風呂でのショックの受け方が可笑しくて、とても気に入っているのだ。9月下旬には第2巻が発売され、なんとなくワンパターンのような気がしないでもないと思いつつ、やっぱり楽しんだ。ルシウスを気に入っているのだろう。ハドリアヌスとケイオニウスの区別がつかないのは困ったけど。

 さて、そんなわけで『テルマエ・ロマエ』を今実写化するとしたら、一体誰が適役だろうかと考えている。パッと見た感じはスティーヴ・マックィーンに似ているけれど、あそこまでタフではないだろう。

 ちゅーか、そもそもルシウスは何歳ぐらいの設定なんだろう(30歳は間違いなく超えているだろうけれど、ひょっとして自分より年下だったとしたら、とてもショック)。30代半ばから40歳ぐらいだと仮定して、国籍を無視して選んでみると、エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、トーマス・クレッチマン、ブノワ・マジメル、マイケル・ファスベンダーあたりでどうか。意外なところでジュード・ロウでも面白いかもしれない。あ、でもちょっと待て。ヨアン・グリフィズがピッタリじゃないか?あの時代の衣装も似合いそうだし、ユーモアのセンスもある。ガタイは良いけど、文学的な匂いも具えている。ちょっと顔が長過ぎるけど。

 次巻は春に刊行予定だそうだ。それまでにはハドリアヌスやマルクスあたりのキャスティングも考えておこうと思ふ。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 戯 言
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ