2日間で上手に彼女にナル方法

2日間で上手に彼女にナル方法 “My Best Friend's Girl”

監督:ハワード・ドイッチ

出演:ケイト・ハドソン、デイン・クック、ジェイソン・ビッグス、
   アレック・ボールドウィン、ディオラ・ベアード、リジー・キャプラン、
   リキ・リンドホーム、ミニ・アンデン、ネイト・トレンス

評価:★




 普通ロマンティック・コメディでサイテー男を描く場合、心優しいところのある本当のそいつの姿を浮かび上がらせる。最終的にヒロインと結びつけるためには、どうしたってサイテー男のままで終わらせてはいけないのだ。『2日間で上手に彼女にナル方法』(どこをどう血迷ったらこの邦題になるのか)で驚くのは、紛れもなくサイテー男である主人公の良いところが、結局ちっとも見えてこないところにある。いや、途中で「隠れロマンティスト」だなんて形容される場面もあるのだけれど、全然説得力がない。少なくとも好感度は全く上がらない。

 ちょっと前にウィル・スミス主演で「最後の恋のはじめ方」(05年)というロマコメがあった。この映画はその裏ヴァージョンとでも言うべき作品だ。デイン・クック演じる空気洗浄器会社クレーム担当が主人公。彼は頼まれた女とデートして愚かな振る舞いを繰り返し、自分のサイテーぶりをアピールする。彼女の周りにいる男がどれだけましかと気づかせるのが目的。それだけならまだしも、これより大金を得ている。冒頭5分でどんな主人公なのかを説明してしまうのは手際が良いものの、その5分で主人公を嫌いになる効果しか上げないのだからスゴイ。スミスのように依頼人をレヴェルアップさせるのではなく(それは見ている方の気分まで盛り上げるものだ)、自分を貶めることで依頼人をましに見せる、そのセコさが、いやー、ホントにロマコメのヒーローか。ロマコメの幻想を破壊するほどの魅力など、到底望めない。

 それにしてもクックのサイテーぶりが、ホントにサイテー。下ネタを次から次へと繰り出すのは当たり前。下品極まりない子どものような汚らしさ。相手の気分などお構いなしの強引な行動。無神経としか言いようのない心ない言葉の羅列。さすがプロと褒めるべきなのか、クックの魅力のなさゆえか、話の流れの中でも「サイテー」をどんどん補強していく。その割りにセックスがフツーなのは拍子抜けで、それだけ大口叩いておいて、そんなものかと落胆。

 唯一面白いのは、クックの親友にして依頼人であるジェイソン・ビッグスの役割だろう。ヒロインはクックのサイテーぶりに呆れつつも、イイヒトでしかないビッグスと比較して、そのサイテーぶりに惹かれてしまうのだ。要するにヒロインにとってのクックとビッグスの役割が入れ替わってしまう。このあたりは現実にもありえそうな恋愛心理だと思う。

 …とは言え、結局ヒロインが主人公に恋してしまうのには無理がある。ゆえにケイト・ハドソンも魅力爆発とはならなかった。ハドソンならではの陽気な個性は役に合っているものの、これでは珍獣好きなだけだ。ウェイヴのかかった綺麗なブロンドが勿体無い。

 そうそう、クックの父親役でアレック・ボールドウィンが登場するから腰を抜かす。この息子にしてこの父ありと言うべきサイテーぶりなのだけど、クックと違って憎めない。傲慢な振る舞いも捲くし立てる下ネタも、愛敬として言い包めてしまうのだ。器の違いだろうか。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二日間で上手に彼女にナル方法

2日間で上手に彼女にナル方法 [DVD] 元ネタと思われる映画:10日間で男を上手にフル方法 地雷度:★★★★★ 満足度:★★★★★ 今回紹介するのは数年前のメジャータイトル 「10日間で男を上手にフ...
プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ