March 13-15 2015, Weekend

◆3月第2週公開映画BUZZ


シンデレラ “Cinderella”
 配給:ディズニー
 監督:ケネス・ブラナー
 Budget:$95,000,000
 Weekend Box Office:$67,877,361(3845) Great!
 OSCAR PLANET Score:75.9
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           主演女優賞:リリー・ジェームズ
           助演男優賞:リチャード・マッデン
           助演女優賞:ケイト・ブランシェット
           助演女優賞:ヘレナ・ボナム=カーター
           撮影賞、編集賞、美術賞衣装デザイン賞
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

ラン・オールナイト “Run All Night”
 配給:ワーナー・ブラザース
 監督:ジャウム・コレット=セラ
 Budget:$50,000,000
 Weekend Box Office:$11,012,305(3171)
 OSCAR PLANET Score:56.5
 Golden Globe Potential:主演男優賞:リーアム・ニーソン

靴職人と魔法のミシン “The Cobbler”
 配給:イメージ・エンターテイメント
 監督:トーマス・マッカーシー
 Budget:$10,000,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:21.4 BIG BOMB!
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演男優賞:アダム・サンドラー

“Home Sweet Hell”
 配給:ヴァーティカル・エンターテイメント
 監督:アンソニー・バーンズ
 Budget:$3,000,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:19.3 BIG BOMB!
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演男優賞:パトリック・ウィルソン
           主演女優賞:キャサリン・ハイグル

アナーキー “Cymbeline”
 配給:ライオンズゲイト
 監督:マイケル・アルメレイダ
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:50.0
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           主演男優賞:イーサン・ホーク
           助演男優賞:エド・ハリス

“It Follows”
 配給:ラディアス-TWC
 監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
 Budget:-
 Weekend Box Office:$160,089 Great!
 OSCAR PLANET Score:87.7 BIG WAVE!
 Oscar Potential:None

“Walter”
 配給:エンターテイメント・ワン
 監督:アンナ・マストロ
 Budget:$700,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:42.6
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演男優賞:アンドリュー・J・ウエスト
           助演男優賞:ウィリアム・H・メイシー
           助演女優賞:ヴァージニア・マドセン

“The Lovers”
 配給:IFCフィルムズ
 監督:ローランド・ジョフィ
 Budget:$35,000,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:21.8 BIG BOMB!
 Golden Globe Potential:主演男優賞:ジョシュ・ハートネット

“3 Hearts”
 配給:コーエン・メディア・グループ
 監督:ブノワ・ジャコ
 Budget:-
 Weekend Box Office:$11,794(1)
 OSCAR PLANET Score:75.9
 Oscar Potential:主演男優賞:ブノワ・ポールヴールド
           主演女優賞:シャルロット・ゲンズブール
           外国語映画賞

“Seymour: An Introduction”
 配給:IFCフィルムズ
 監督:イーサン・ホーク
 Budget:-
 Weekend Box Office:$26,587(2)
 OSCAR PLANET Score:88.5 BIG WAVE!
 Oscar Potential:ドキュメンタリー映画賞


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 良く知られるファンタジーの実写化を畳み掛けているディズニーによる『シンデレラ』が登場。両親と死に別れ意地悪な継母と暮らすシンデレラが王子様と恋に落ちるという誰もが知る物語。それゆえ新味をどう吹き込むかがポイントになるわけだが、ケネス・ブラナーはリリカルでフレッシュな魔法をかけることに成功。ディズニーの精神が美しく輝いていると批評家から温かい反応を獲得している。そしてそれは動員にも好結果をもたらしていて、週末3日間では6,700万ドルを超え、3月封切作歴代7位に入る好スタートを記録。2億ドル超えも視野に入ったか。シンデレラ役のリリー・ジェームズは新スターとしてオーヴァーナイトサクセスを実現。TVシリーズ「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」(10年~)から飛び出した最大のスターとして高い注目を浴びている。継母を演じたケイト・ブランシェットの美貌と演技も当然のように好評。オスカーでは美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞へのノミネートが期待される。ミュージカル/コメディ部門が用意されているゴールデン・グローブ賞では主要部門に絡む可能性もあるか。

 またまた登場リーアム・ニーソン主演のアクション映画『ラン・オールナイト』は批評的にも興行的にも平凡な反応。息子を助けるために友人マフィアの子どもを殺した暗殺者の逃走劇を描くスリラーで、ニーソンによるアクション映画のツボを適当に押さえた作り。ただし、入り組んだプロットと残虐な描写により爽快感に乏しいとの指摘が多くなっている。興行的にも「96時間」(09年)以後のニーソンのアクション映画としては最低のオープニング。ラジー賞に狙われるほどの結果ではないものの、同じような作品が続くニーソンはそろそろ警戒しておいた方が良いかもしれない。

 はっきりとラジー賞に警戒が必要なのはアダム・サンドラーの『靴職人と魔法のミシン』とキャサリン・ハイグルの『Home Sweet Hell』。前者が客の靴を試し履きしたところその客に変身してしまう靴職人を描くファンタジー。後者が夫の浮気を知った妻の復讐を描くコメディ。どちらも好意的な批評を見つけるのが難しい壊滅的な反応が返ってきている。サンドラー映画の監督は「扉をたたく人」(07年)のトーマス・マッカーシーで、おそらくサンドラーとしてはいつもとは違う側面を見せたかったはずだが、過剰なセンティメンタリズムと大雑把なユーモアに足を引っ張られているとの指摘が目立つ。ハイグルにも映画女優としての資質に疑問を投げ掛ける厳しい言葉がずらり。両者共にラジー賞に愛されているスター。小品とは言え、再び候補入りしても全くおかしくない。

 ホラー映画ファンが注目すべきは『It Follows』。ボーイフレンドとのセックスをきっかけにスーパーナチュラルな存在に追いかけられる少女を描く物語で、昨年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映されたのを皮切りに、各映画祭で近年最高の恐怖が味わえるホラーとの絶賛が相次いでいた。遂に始まったアメリカ一般公開でも反応は凄まじく、批評から圧倒的な賛辞を獲得。独創的でスマート、身の毛のよだつモダンホラーだと評判を呼んでいる。興行的にも4館での公開ながらロケットスタートを記録していて、今後拡大公開の成功が期待される。もちろん賞レースに絡むタイプの映画ではないが、心に留めておいて損はないだろう。主演は「ザ・ゲスト」(14年)で話題になったばかりのマイカ・モンロー。彼女もまた、今後露出が増えるはず。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ