December 5-7 2014, Weekend

◆12月第1週公開映画BUZZ


“Wild”
 配給:フォックス・サーチライト
 監督:ジャン=マルク・ヴァレー
 Budget:-
 Weekend Box Office:$654,058(21) Great!
 OSCAR PLANET Score:84.6 BIG WAVE!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚色賞
           主演女優賞:リース・ウィザースプーン
           助演女優賞:ローラ・ダーン
           撮影賞、編集賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

“Dying of the Light”
 配給:ライオンズゲイト
 監督:ポール・シュレイダー
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:23.6 BIG BOMB!
 Razzie Potential:主演男優賞:ニコラス・ケイジ
           助演男優賞:アントン・イェルチン

“Comet”
 配給:IFCフィルムズ
 監督:サム・エスメイル
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:44.4
 Oscar Potential:None

“Life Partners”
 配給:マグノリア
 監督:スザンナ・フォーゲル
 Budget:-
 Weekend Box Office:$2,665(8) zzz...
 OSCAR PLANET Score:62.2
 Oscar Potential:None

“Miss Julie”
 配給:リーキンヒル・エンターテイメント
 監督:リヴ・ウルマン
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:48.1
 Oscar Potential:主演男優賞:コリン・ファレル
           主演女優賞:ジェシカ・チャステイン
           助演女優賞:サマンサ・モートン
           美術賞衣装デザイン賞

“Murder of a Cat”
 配給:グラヴィタス・ヴェンチャーズ
 監督:ジリアン・グリーン
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:27.1 BIG BOMB!
 Oscar Potential:None

“Pioneer”
 配給:マグノリア
 監督:ジエーリク・ショルビャルグ
 Budget:-
 Weekend Box Office:$1,857(2) zzz...
 OSCAR PLANET Score:54.4
 Oscar Potential:None

“The Pyramid”
 配給:20世紀フォックス
 監督:グレゴリー・ルヴァスール
 Budget:-
 Weekend Box Office:$1,369,935(589) zzz...
 OSCAR PLANET Score:20.2 BIG BOMB!
 Oscar Potential:None

“Still Alice”
 配給:ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
 監督:リチャード・グラツァー、ウォッシュ・ウエストモアランド
 Budget:-
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:82.4 BIG WAVE!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚色賞
           主演女優賞:ジュリアン・ムーア
           助演男優賞:アレック・ボールドウィン
           助演女優賞:クリステン・スチュワート
           編集賞、作曲賞


※OSCAR PLANET Score…各有力媒体の批評を基にOSCAR PLANET独自の計算法により弾き出した評価バロメーター。作品賞、監督賞&脚本賞レース参戦を目指すのであれば、少なくとも70.0以上は欲しく、80.0以上なら堂々たる資格を具えていると考えて良い。ただし、演技賞や技術賞では作品評価が伸びなくても、候補入りする場合が少なくない。

※Oscar Potential…オスカーチャンスのある部門。太字は特にその可能性が高い。


【総括】
 主演女優賞候補を確実視される2本が公開。一本目は『Wild』。離婚や母親の死等で絶望の淵に生きる女性が1,100マイルを歩く旅に出る物語。リース・ウィザースプーンが久々に実力を存分に発揮していると大好評で迎えられている。監督のジャン=マルク・ヴァレーは前シーズン、マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトにオスカーをもたらしていて、ウィザースプーンも彼らに続き候補に挙がると思われる。昨年はまさかの逮捕事件でピンチに陥ったウィザースプーンだが、その後のフォローが大変スマートで、なおかつ今回の高評価により一気に息を吹き返したと見るのが妥当。母を演じたローラ・ダーンも二度目の候補(助演女優賞)が射程圏内。ふたりに勢いが出れば、ひょっとすると作品賞や脚色賞部門でも浮上するかもしれない。

 ウィザースプーン以上にオスカーに近いのが『Still Alice』のジュリアン・ムーア。これまで4度オスカー候補に挙がりながら無冠の実力派。アルツハイマーにかかっていることが判明する母親役で、BUZZを沸騰させている。この手の演技は大変賞受けが良く、これまでの功労賞的意味合いの評も大量に雪崩れ込むことが考えられ、主演女優賞のフロントランナーと見られている。作品パワーが若干弱いのが気にかかるが、ムーアのキャリアを考えればたいした問題ではないか。ムーアの勢いに乗っかって、娘役のクリステン・スチュワートが助演女優賞候補を窺っているのも、見逃せないところ。

 『Miss Julie』のジェシカ・チャステインも主演女優賞を狙っているとの声が出ているが、作品評価が伸びていないことを考えると、実現は難しいだろう。チャステインは今年他に、『The Disappearance of Eleanor Rigby: Them』(主演)『インターステラー』(助演)『A Most Violent Year』(助演)を抱えていて、この内『A Most Violent Year』により指名される可能性が最も高いと思われる。なお、作品は美術賞、衣装デザイン賞に僅かにチャンスを残している。

 『Dying of the Light』からはニコラス・ケイジが主演男優賞を狙う。もちろんラジー賞の方だが…。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ