ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー “Guardians of the Galaxy”

監督:ジェームズ・ガン

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、
   ジャイモン・ハンスゥ、ジョン・C・ライリー、グレン・クローズ、
   ベニチオ・デル・トロ、リー・ペイス、マイケル・ルーカー、
   カレン・ギラン、ジョシュ・ブローリン、ロイド・カウフマン

声の出演:ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼル、ロブ・ゾンビ、
   セス・グリーン、ネイサン・フィリオン

評価:★★★




 同じマーヴェル・コミックが原作の失敗作「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」(05年)を連想する。人種も性別も能力も異なる異形の者たちがヒーローとして集まるからだ。バラバラの個性の彼らをどうやってまとめるべきか。ジェームズ・ガン監督は「FF」が気づくことさえなかったこの難題を、そもそものテーマに掲げる。「アベンジャーズ」(12年)がそうだったように、テーマは「団結」だ。

 ただ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は「アベンジャーズ」よりそれを浮かび上がらせるのは難しかったはずだ。「アベンジャーズ」はそれぞれの自己紹介が終わっていたのに対し、ここに出てくる者たちは初登場の者で揃えられる。おまけに正義心なんて持ち合わせていない。つまり馴染みのないはみ出し者たちを手際良く紹介し、宇宙を舞台にストーリーを語り、アクションで魅せ、最後には団結させねばならぬ。

 そんなわけで時間が足りない。それならばとガンは、それを一度にやってのける。人物紹介をしながらストーリーをガンガン進め、会話に捻りを効かせ、ギャグもたっぷり、アクションをそこかしこで肉づけする。とりわけ冒頭の登場人物が出会う場面は画面を揺さぶるヴァリエーションが豊富だ。映画は視覚に訴える芸術であることを最大限利用すると言い換えても良い。おそらく脚本が良く書けている。無駄を省き、しかし盛り込まねばならぬ情報はさらりと落とされる。

 宇宙空間にレトロスペクティヴな魅力が溢れるのが愉快だ。主人公が70年代から80年代にかけての音楽を愛していたり、「フットルース」(84年)やケヴィン・ベーコンが飛び出したり、地球人では当たり前の言い回しやジェスチャーが通じなかったり…といった主人公が地球人であることを強調する仕掛けが散りばめられているのも楽しいけれど、アクションのアナログ感がさらなる興奮を誘う。視覚効果は多分、わざとチープめに演出され、コマ割りで気分を出すよりも、スタントが重視された装飾が施される。ガジェットの氾濫や「スター・ウォーズ」(78年)的カーチェイス(宇宙船チェイス)には全く感心しないものの、それらを差し引いても楽しむ余地はたっぷりある。

 終幕にはもちろんカタルシスがあり、その健全さが気恥ずかしく感じられつつも、胸は熱くなる。前半にばら撒かれていた思いがけない伏線が一気に回収されていく気持ち良さによるところが大きいか。前述のように、これをアクションの最中にやってのけるのが気が利いている。臭みが漂う寸前の「感動」エピソードが適度な切り上げで済まされる。

 クリス・プラットが主人公というのが感慨深い。身体を大分絞っての登場で、パッと見た感じ、正統派のハンサムだ。ところが、作り手は分かっている、プラットの魅力は二枚目半なところにあるということを(いや、通常はほとんど三枚目扱いのことの方が多いか)。呑気で大らかな個性を殺すことなく、むしろそれを主人公の魅力として昇華させる。緑の星人やら喋るアライグマやら、木の怪物やら、全身イレズミ男やら、あまりにもバラバラな仲間をまとめ上げるのは、プラットの案外と大きな器なのだ。アクションの多くでマスクを被っているのが勿体ない。

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の世界は当然、「アベンジャーズ」のそれと合体するのだろう。マーヴェルの世界はどこまで広がっていくのか、期待は膨らむものの、今度こそその融合は上手くいかないのではないかと心配もちらり。あまりにも大きな車輪が映画界を突っ走る。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ