X-MEN:フューチャー&パスト

X-MEN:フューチャー&パスト “X-Men: Days of Future Past”

監督:ブライアン・シンガー

出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、
   マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、
   ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、
   ピーター・ディンクレイジ、ショーン・アシュモア、
   オマール・シー、エヴァン・ピーターズ、ダニエル・クドモア、
   ファン・ビンビン、エイダン・カント、ブーブー・スチュワート、
   イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、アンナ・パキン、
   ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン

評価:★★★




 「X-MEN」シリーズが他のアメコミ映画と大きく異なるのは、人間ではないヒーロー=ミュータントがぞろぞろ出てくることだ。善玉も悪玉も個性的な面子が次々登場。単独で主役になれそうなキャラクターの雨霰状態。早い話、「X-MEN」の世界観の中だけで「アベンジャーズ」(12年)風に「ヒーロー総出演」の仕込みが可能になる。「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(11年)で若き日のヒーローも描いたことで、ますますその色は濃くなった。

 『X-MEN:フューチャー&パスト』はまさに「X-MEN」版「アベンジャーズ」の趣で、これまでに出てきたミュータントたちが過去と未来で暴れ回る。ファンからしてみたらこれ以上ないシチュエーションになるのだろうけれど、これが上手くいったかどうかは怪しい。何しろこれまでのキャラクターに加えて、サーヴィス満点に新ミュータントも出てくる。けれど、彼らの個性が活かされたアクションが見せられたかと言うと、能力を確認している間に終わってしまったというのが正直なところだろう。未来と過去の結びつけ方もいかにも強引で、終わってみれば未来はおまけのような扱いだ。

 それは例えば、シリーズの顔であるウルヴァリンの扱いに如実に表れる。未来と過去を橋渡しする重要な役柄をあてがわれているように見えて、今回のウルヴァリンは完全に歴史の傍観者だ。印象的なバトルも用意されない。タイムトラヴェル後に素っ裸で目覚めるという「ターミネーター」(84年)なパロディ場面における、ヒュー・ジャックマンの肉体自慢がいちばんの見せ場か。まあ彼の場合、スピンオフもあるので、多くを要求するのは我儘かもしれない。

 大きく出番が増えたのはミスティークだ。これはもうジェニファー・ローレンスの大出世が関係しているとしか思えない。バトル場面・変身場面はもちろん、事件の鍵を握るドラマティックな場面がてんこ盛り。作品を乗っ取ったと言っても良い活躍ぶりだ。ローレンスが素顔を見せるショットも少なくない。1970年代のパリ・ファッションに身を包むショットなど、大変美しい。初登場した「ファースト・ジェネレーション」では丸い頬が役柄に合わないように思われたのに、すっかり役と同化しているのは、上昇気流に乗るスターの証か。もはやレベッカ・ローミンはお呼びでないのだ。

 その他マグニートーも作り手の寵愛を受ける。マグニートー最大の見せ場はもちろん、ミュータント殺戮ロボットを操りながら、スタジアムごと宙に浮き上がる場面だ。マイケル・ファスベンダーのドラマティックな表情も手伝い、何ともまあ、異様な光景。役柄の憎しみが良く伝わる。マグニートーのヘルメットとマントはどうしても滑稽に見えていたのが、この場面ではそれもない。むしろクールだ。

 新キャラクターでは過去場面に登場するクイックシルヴァーが一人勝ち。超高速スピードでピンチを次々切り抜ける。演じるエヴァン・ピーターズにはさほど魅力を感じないものの、今後膨らませ甲斐のあるミュータントかもしれない。彼が全編に渡って協力すればすぐに解決できる話なのではないかという突っ込みは言いっこなし。

 シリーズの世界観はますます広がることになるだろう。今後は誰を主軸に置くのか。ウルヴァリンやミスティーク以外を大々的に担ぎ出し、新たなる方向を指し示すのも面白い気がするのだけど、どうだろう。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ