March 21 - 23 weekend, 2014

March 21 - 23 weekend, 2014

1 グランド・ブダペスト・ホテル|$22,329(304)$12,998,474
2 ダイバージェント|$13,874(3936)$54,607,747
3 Rob the Mob|$13,833(1)$13,833
4 God's Not Dead|$11,852(780)$9,244,641
5 ザ・スリル|$9,319(2)$18,638
6 Nymphomaniac: Volume I|$6,335(25)$158,369

7 Bad Words|$5,805(87)$660,817
8 Le Week-End|$5,440(25)$200,188
9 Muppets Most Wanted|$5,324(3194)$17,005,126
10 Mr. Peabody & Sherman|$3,280(3607)$81,134,9

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 シャイリーン・ウッドリーさんは泥を食べてデトックスしているそうです。タクシーの運転手に勧められたというベントナイト粘土のサプリメントは、体内から重金属を浄化する効能があるそうな。ほんまかいな。なお、泥デトックスを行うと、う●こは鉄の匂いがするようです。また、歯を白くするためにはごま油が効くとのことで、ごま油で口をゆすいで吐き出すのを繰り返して、白さをキープしている模様。もう一歩で不思議ちゃん街道に入り込みそうです。それにしても…タクシーの運ちゃんの言うことを、そんなにあっさり聞いても良いものでっしゃろか。

 チャートへ。『グランド・ブダペスト・ホテル』が3週目の第1位へ突入した今週、2位は『ダイバージェント』(原題:『Divergent』)。居住区が五つの共同体に分けられた近未来、どこにも属さない少女の生き残りをかけた戦いを描くSFアクション・ドラマ。出演はシャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームス、アシュレイ・ジャド、ジェイ・コートニー、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、アンセル・エルゴート、マギー・Q、メキ・ファイファー、そしてケイト・ウィンスレット。ウッドリーはTVシリーズ「The O.C.」でヒロインの妹役に扮していましたが、シリーズ終了から数年、頼もしくサヴァイヴァルできているのは彼女だけでしょうか。ベンジャミン・マッケンジー、ミーシャ・バートン、アダム・ブロディ、レイチェル・ビルソン…いずれも伸び悩んでしまって、あら残念。「ゴシップ・ガール」組も怪しくなってきたしなぁ。きっと「glee」組も終了したら辛いだろうなぁ。皆さん、生き残れると良いですネ!

 3位にランクインしたのは『Rob the Mob』。マフィアの社交クラブからの強盗を専門している若いカップルが、ふとしたことからマフィアとFBIの両方から追われることに…。マイケル・ピット、ニーナ・アリアンダ、アンディ・ガルシア、レイ・ロマノ、グリフィン・ダンの出演。ピットは今年33歳。「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」(01年)はもう10年以上前になるんですね。懐かしや…。そして怖ろしや…。年をとると、本当に時間の流れが早い。若者たちよ、覚悟して下さい。

 4位に入ったのは『God's Not Dead』。敬虔なクリスチャンの学生と神の存在を否定する哲学教授の衝突を描くコメディ・ドラマ。教授は学生に神を否定した論文の提出を迫るそうで、ふむ、なかなか意地悪な教授でございます。学生時代、それほどレポートに困ったとはないかなぁ。中身はなくとも書くのだけは早かったので…。あ、でも参考文献のコピー&ペーストなんてことはしませんでしたよ、はい。シェーン・ハーパー、ケヴィン・ソルボらの出演。

 日本ではDVDスルーが決まっている『ザ・スリル』(原題:『Cheap Thrills』)は5位に登場。父親になったばかりなのに仕事を解雇された男が、バーで知り合ったカップルから現金を貰えるゲームを仕掛けられるが…。最初は簡単なゲームからスタートし、段々エスカレートしていく恐怖が描かれるそうな。王様ゲームのスリラー版みたいな感じでしょうか。ワタクシ、ただの一度も王様ゲームなるものに参加したことがありません。幸せと言えましょう。イーサン・エンブリー、パット・ヒーリー、サラ・パクストン、デヴィッド・コークナー出演。

 ラース・フォン・トリアー監督の『Nymphomaniac: Volume I』が6位デビュー。セックス中毒の女性が50歳に至るまでの自らの性と人生を語る様を描く二部作の前編。シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、クリスチャン・スレーター、ユマ・サーマン、ソフィー・ケネディ・クラーク、コニー・ニールセン、ウド・キアーらの出演。ラブーフは奇行が止まらず、ベルリン映画祭の記者会見では頭から袋をかぶった状態で登場。世間を唖然とさせました。やはり監督作の盗作騒動が拙かったなぁ。まあ、ハリウッドの人ですから生き残る道はあるでしょう。

 「ザ・マペッツ」(11年)の続編『Muppets Most Wanted』は9位へ。ワールドツアーを敢行中のマペッツ一行が、ヨーロッパで宝石強盗事件に巻き込まれてしまって、さあ大変。ジェイソン・シーゲル、エイミー・アダムスは続投せず、代わりにリッキー・ジャーヴェイス、ティナ・フェイ、タイ・バーレルらが出演。ジェーヴェイスとフェイの組み合わせは面白いかも。毒入り合戦でぜひとも盛り上げて頂きたい。ジャーヴェイスと言えば、最近デヴィッド・ベッカムがすっかりジャーヴェイス風になってきたのが気になっています。つまりジャーヴェイスが痩せるとベッカムになるってことでしょうか。

 圏外。2週目にして『Enemy』が15位へ。容姿がそっくりな歴史教師と映画俳優の人生が絡まり合う様を描く心理スリラー。ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ出演。ギレンホールは別の映画の役作りのために劇痩せしていましたが、元に戻った模様。9キロほど落としたそうですが、オジイチャンみたいでした。そうかー、痩せると老けるのか。ならば皆さん、太りましょう。太ってしわを伸ばしてしまいましょう。あぁぁぁぁぁ。

 28位インは『Blood Ties』。1970年代のブルックリン、出所したばかりの兄と警察官の弟の関係を描くドラマティック・スリラー。クライヴ・オーウェン、ビリー・クラダップ、オースティン・ウィリアムス、ミラ・クニス、マリオン・コティヤール、ゾーイ・サルダナ、ジェームズ・カーンの出演。ギョーム・カネの英語作品デビュー作になります。なるほどそれでコティヤールも出ているのですね。ふたりのパートナー生活は順調のようですが、なかなか一緒に姿を見せないのが残念無念。カネが目立つのが好きじゃないのかなぁ。フランス映画界の中ではかなりお似合いのカップルだと思います。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ