January 24 - 26 weekend, 2014

January 24 - 26 weekend, 2014

1 グロリアの青春|$18,818(3)$56,454
2 Stranger by the Lake|$13,800(2)$27,599

3 Ride Along|$7,720(2759)$75,544,805
4 そして父になる|$5,430(4)$47,628
5 ローン・サバイバー|$4,080(3162)$93,914,921
6 The Nut Job|$3,485(3472)$40,056,363
7 アナと雪の女王|$3,308(2757)$347,899,011
8 ある過去の行方|$3,130(33)$526,078
9 I, Frankenstein|$3,128(2753)$8,610,441
10 アメリカン・ハッスル|$3,065(2304)$127,000,429

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 『ダラス・バイヤーズクラブ』でオスカー候補に挙がって絶好調のマシュー・マコノヒーさんが、役作りのために行ったダイエットについて語りました。HIV陽性により余命30日と宣告された男役のためにマコノヒーさんは、47ポンド(約21キロ)のダイエットを敢行。週に7ポンド(約3キロ)ずつ落としたそうですが、そんなハイスピードで体重を落とすということは、まあ食事をほとんど摂らなかったのでしょう。案の定、一日に食べるものは卵白2個分とチキン一切れに限り、ダイエット・コーラを繰り返し飲んでいたそうです。なんだか危険なダイエットにしか見えませんが、ふむ、人ってなかなか死にませんネ!撮影終了後はデザートをたっぷり食べたそうな(ただし、胃がびっくりするので気をつけながら)。同じく強烈なダイエットを行った、共演のジャレッド・レトさんがオスカー候補に挙がったお祝いにパンケーキを焼いたというのも、役作りの反動なのでしょうか。

 Box Office。『ホビット 竜に奪われた王国』が公開7週目にして2億5,000万ドルを突破。ピーター・ジャクソンは一時期ものすごく痩せましたが、いつの間にかリバウンド。まあ前よりはまだ細いんですけど。あぁ、ダイエットって難しい。まあ、でもデブっていてこそのピージャクという気もしますしね。どうでもいいですが、以前はピージャクとマイケル・ムーアの区別が難しかった…。ちゃらーん…。

 チャートへ。チリ映画『グロリアの青春』(原題:『Gloria』)が首位デビュー。サンティアゴ、58歳のキャリアウーマンが孤独や仕事、恋愛と向き合い、逞しく生きていく姿を描くドラマ。パウリナ・ガルシア、セルヒオ・エルナンデス、マルシアル・タグレ、ディエゴ・フォンテシージャの出演。ガルシアがヌードにも挑んだことが話題の一品。日本で現在58歳の芸能人というと、上沼恵美子、宮川花子、川中美幸あたりだそうな。おぉ、ガルシアが讃えられるのも分かりますな。日本の皆様は、間違ってもヌードに走りませんよう、お願いします。

 2位に登場したのはフランス映画『Stranger by the Lake』。夏の湖のほとりを舞台に、そこで出会った男たちの関係を描く同性愛もの。ピエール・ドゥラドンション、クリストフ・パオの出演。何でも男性器がばんばん映るそうな。日本での公開は厳しいと思われます。ゲイの皆様、女性の皆様、残念でした。日本じゃこういう映画、作られません。まだまだ開けているとは言い難い国であります。

 公開延期が続いていた『I, Frankenstein』が9位へ。お馴染みフランケンシュタイン映画ですが、原作はケヴィン・グレイヴォーによるグラフィックノヴェル。現代、フランケンシュタイン博士が生み出したモンスターが悪魔たちと戦う様を描くアクション・ホラーです。アーロン・エッカート、ビル・ナイ、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ミランダ・オットー、ジェイ・コートニーの出演。エッカートは昨年、エージェントに言われてTwitterを始めたそうですが、その理由を「女の子を引っ掛けるため」とジョークを飛ばしています。調べてみたところツイート数は、未だ30にも到達していません。女の子を引っ掛けるなら、どこかのバーでナンパする方がお手軽だと気づいたのだと思われます。

 19位インは『Gimme Shelter』。母親の虐待から逃れてホームレスになった少女が妊娠、人生を模索する様を描くドラマです。ヴァネッサ・ハジェンズ、ロザリオ・ドーソン、ブレンダン・フレイザー、ジェームズ・アール・ジョーンズ、アン・ダウド、ダスカ・ポランコの出演。ハジェンズは優等生の少女イメージからの脱却に必死ですが、ふむ、まさかマイリー・サイラスやリンジー・ローハンみたいにならないだろうね。やっぱりザック・エフロンと別れるのはもう少し伸ばした方が良かったと思うのです。どちらのキャリアのためにも。ここは一発、すっ転んで顎を骨折したエフロンをお見舞いして、健気な「元彼女」を演じるというのはどうでしょう。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ