December 13 - 15 weekend, 2013

December 13 - 15 weekend, 2013

1 アメリカン・ハッスル|$123,409(6)$740,455
2 ウォルト・ディズニーの約束|$27,558(15)$413,373

3 Inside Llewyn Davis|$23,786(15)$910,317
4 ホビット 竜に奪われた王国|$18,869(3903)$73,645,197
5 Mandela: Long Walk to Freedom|$8,771(4)$241,079
6 Tyler Perry's A Madea Christmas|$7,296(2194)$16,007,634
7 アナと雪の女王|$6,073(3716)$164,772,211
8 ハンガー・ゲーム2|$3,837(3563)$357,503,663
9 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅|$3,647(250)$3,377,783
10 The Great Beauty|$2,472(35)$530,932

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 Fitness Magazineが2013年版の「ベスト・ボディ」リストを公開しました。トップ3に選ばれたのはペネロペ・クルスさん、ジェニファー・ローレンスさん、サンドラ・ブロックさん。クルスさんは出産したばかりですが、元のスタイルに戻すことにあっさり成功。地中海式食生活やダンス、育児がダイエットになった模様。体型を気にしないと言ってのけるローレンスさんも役柄のために、フットワークやトレーニングボール、エアロバイクを使った有酸素運動を敢行。ブロックさんもピラティス、キックボクシング、ランニング、自転車等のトレーニングを週6日欠かさないそうな。あぁ、簡単には美しいボディは手に入れられないということです。せめて腹回りの肉だけでも何とかしたいと思い続けて早数年。風呂で腹の脂肪を掴む度にため息が出るのです。

 Box Office。『ハンガー・ゲーム2』が公開4週目にして興収3億5,000万ドルを、『アナと雪の女王』が4週目にして1億5,000万ドルを超えました。リアム・ヘムズワースの元恋人と言えばマイリー・サイラスですが、いやー、サイラスの暴走が止まりません。でも人気は留まる気配なし。一体どういう層が支持しているのでしょう。ああいう下品なのがカッコイイってことなんでっしゃろか。そろそろジャスティン・ビーバー風に転落していくのではないかと睨んでいるのですが…。

 チャートへ。堂々第1位はデヴィッド・O・ラッセル監督作『アメリカン・ハッスル』(原題:『American Hustle』)。アメリカ現職議員が汚職により次々有罪となった「アブスキャム事件」をベースにしたコメディ・ドラマ。稀代の詐欺師がFBIに協力、おとり捜査により汚職政治家たちを逮捕していく様が描かれます。出演はクリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー。全員大胆なイメージチェンジで登場。中でもベールはハゲ頭に、クーパーはパンチパーマになって登場するというなかなかのインパクト。どちらも中年、髪にダメージが大きいでしょうに、よくやりました。ワタクシは先日、十数年ぶりにツーブロックにしてみましたよ。また増えてきているって聞いたので…。そしたら寒い…こんなに寒い髪型でしたっけ…?髪がますます細くなった影響じゃないだろうね。

 『ウォルト・ディズニーの約束』(原題:『Saving Mr. Banks』)が2位へ。1964年の名画「メリー・ポピンズ」の製作の裏側で起こった出来事を描くコメディ・ドラマ。原作者のパメラ・トラヴァースをエマ・トンプソン、ディズニーをトム・ハンクスが演じる他、コリン・ファレル、ポール・ジャマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、レイチェル・グリフィス、キャシー・ベイカーが出演。トンプソン、最近おとなしいなぁと思っていたら、主演作をひっさげてまさかのカムバック。しかも賞レース参戦が有力視されています。以前はイギリスのメリル・ストリープと言われていましたからね。ストリープが三つ目のオスカーを獲得して、再びやる気になったのだと見ました。しかし、90年代と印象がほとんど変わらないなぁ。老け顔の強みです。

 4位に入ったのはピーター・ジャクソン監督作『ホビット 竜に奪われた王国』(原題:『The Hobbit: The Desolation of Smaug』)。ガンダルフやドワーフたちと旅を続けるビルボ・バギンズの新たなる危機が描かれます。出演はマーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミテイジ、ケイト・ブランシェット、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、エヴァンジェリン・リリー、ルーク・エヴァンス、スティーヴン・フライ、リー・ペイスら。鍵を握る竜の声を当てるのはベネディクト・カンバーバッチです。また、レゴラス役でオーランド・ブルームが復帰します。ブルームはミランダ・カーとお別れ。主夫業が嫌になったのだと思われます。思われますがしかし…、いやー、カーとの間でできた息子のフリンくん、無茶苦茶可愛いではないですか。やはり両親が美男美女だとこういう顔の子が生まれるんだなぁ。両親が美男美女の子どもたちよ、今から感謝するが良い。

 6位登場は『Tyler Perry's A Madea Christmas』。恒例タイラー・ペリーによる「マデアばあさん」シリーズ最新作。ホリデイシーズン、マデアばあさん流のクリスマスが描かれます。ペリーが再びばあさん役で登場、キャシー・ナジミー、チャド・マイケル・マーレイ、アンナ・マリア・ホースフォード、ティカ・サンプター、エリック・ライヴリー、アリシア・ウィット、ラリー・ザ・ケーブルガイらの共演。ペリー映画は依然、日本に入ってくる気配一切なし。DVDぐらいリリースされてもおかしくないと思うのですけど…。まあ、公開されなくても悔しくない出来映えというのが伝わっていますからねぇ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ