キャプテン・フィリップス

キャプテン・フィリップス “Captain Phillips”

監督:ポール・グリーングラス

出演:トム・ハンクス、キャサリン・キーナー、バーカッド・アブディ、
   バーカッド・アブディラマン、ファイサル・アメッド、
   マハト・M・アリ、マイケル・チャーナス、コーリイ・ジョンソン、
   マックス・マーティーニ、クリス・マルケイ、
   ユル・ヴァスケス、デヴィッド・ウォーショフスキー

評価:★★★★




 どうも「海賊」という言葉にはのんびりした匂いがつきまとう。黒ひげ危機一発のせいだろうか。それともジャック・スパロウが登場したからだろうか。もちろん本物の海賊は極めて怖ろしい存在だ。現代のそれはコスプレなんぞには走らないし、大船に乗って世界旅行をすることもない。『キャプテン・フィリップス』は2009年に実際に起こった海賊事件を基にしている。ソマリア海域でケニアへの援助物資を運ぶコンテナ船が襲われた、記憶に新しいあの事件。船長のリチャード・フィリップスが海賊の人質に取られるまでに事態は発展。その詳細を克明に綴る。

 海賊のボートが遂にレーダーに映ってから異様な緊迫感に支配される。指揮を執るのはポール・グリーングラスだ。ドキュメンタリー・タッチの演出法で目覚ましい成果を上げてきたグリーングラスは、ここでも最上級の技を次々投下する。登場人物に密着するカメラワーク。激しく揺れながらも対象物を決して逃がさない。抜群のリズム感を弾けさせる編集術との相乗効果により、その画には常に緊張の糸がピンと張り詰める。行動範囲が限られる狭い室内でもテンションが維持されるのが素晴らしい。音が鳴らないまま、時計の音が聞こえる。

 コンテナ船乗組員と海賊の精神的・肉体的対決が描かれる前半部。普通に考えれば、大人数のコンテナ船側の圧勝ながら、海賊も簡単には引き下がらない。小回りの利くボートを巧みに果敢に操縦し、じりじりとコンテナ船に近づいてくる。コンテナ側はホースによる大量の水発射、無線によるミスリード、人工的な波の創造、照明弾等で対抗する。遂に乗船されてからも心理合戦に見応えあり。乗組員たちも知恵を用いて勇気を見せる。後半部は救命ボート内でのフィリップス船長と海賊四人が駆け引きする。ここでは海賊側が圧倒的に有利。そこにネイヴィーシールズが加わり、サスペンスは一気に盛り上がる。

 フィリップス船長に扮したトム・ハンクスが抜群の安定感を見せる。白髪は増え、肌の張りは衰えたものの、その目には依然力がある。動きも愚鈍さとは無縁で、眼差しには聡明さが宿る。グリーングラスは船長の描き込みを最小限に食い止めているものの、決して薄っぺらには映らない。僅かな表情で人生を悟らせるのがハンクスだ。ハンクスとグリーングラスは共に、船長からヒロイズムを排除する。好もしいことだ。船長は能力があり冷静で頼もしい。けれど、人間らしさは決して失わない。

 海賊は単純な悪役ではない。何故彼らが蛮行に走るのか、その背景が手際良くスケッチされる。そのおかげで襲い来る海賊の姿に余計に凄味が出た。おそらくグリーングラスは、海賊を船長と同じ、主人公として捉えている。生きるため、いや殺されないため、そうせざるを得なかった苦悩が無視されない。

 とは言え、だからと言って過剰な同情を寄せることがないのが、大人のアプローチ。平凡な監督ならば、救命ボート内で海賊と船長が心を通わせるところを描き、分かりやすい感動を狙っただろう。もちろんそんな愚行は避けられる。メロドラマなど、ここでは何の力も持たないことを知っている者による作りだ。

 ハンクスは恰幅が良い。それに較べると海賊たちが細いこと細いこと。とりわけリーダーを演じるバーカッド・アブディは強烈な容姿をしている。セリフにも出てくる。まるで骸骨ではないか。完全なる逆三角形の輪郭で、広い額から徐々に幅が狭くなり、顎のラインはほとんど未成熟だ。栄養価の高いものを食べられていないことはもちろん、生活の質が低いことも一目瞭然。けれど、目は静かにギラギラしている。飢えだ。生きる飢えだ。それが目に集約されている。ハンクスとアブディの対比は、そのまま映画のメッセージに繋がる。物語に厚みが出るのも当然だ。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ