マラヴィータ

マラヴィータ “The Family”

監督:リュック・ベッソン

出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ、
   ディアナ・アグロン、ジョン・ディレオ、ジミー・パルンボ、
   ドメニク・ランバルドッツィ、ヴィンセント・パストーレ、
   スタン・カープ、ジョン・フレダ

評価:★★




 カチューシャをつけたディアナ・アグロンが可愛らしい。三つ編みの髪をリボンで左側にまとめ、髪留めを飛ばしたスタイルも可愛らしい。『マラヴィータ』はそういう映画だ。マーティン・スコセッシが製作総指揮で、ロバート・デ・ニーロが主演で、ミシェル・ファイファーまで登場して、マフィアが題材で、「グッドフェローズ」(90年)が担ぎ出されても、本格派映画にはならない。それよりも何よりも、リュック・ベッソン映画だからだ。

 「Mr.インクレディブル」(04年)はスーパーヒーローの家族、「アダムス・ファミリー」(91年)は人間ではない者の家族が主人公だった。それと同じノリで、『マラヴィータ』の主人公家族はマフィアに設定される。彼らはFBIの証人保護プログラムにより各地を転々として暮らしている。今度の行き先はフランスのノルマンディ。のんびりした田舎の空気を家族が乱す。…という設定・展開が一向に弾けないのは、マフィアでありながら家族の面々がいたって「普通」だからだ。

 「普通」と言っても人殺しはするし、スーパーマーケットを爆破するし、テニスのラケットで人を殴るし、学校を都合良く支配する。けれど、父も母も娘も息子も、心の底では平穏無事な毎日を願う。これが彼らをつまらなくする。ご近所を招いてバーベキュー。楽しく会話。土産にドーナツまで持たせて庶民をアピール。普通の人間になりたいんだー。「妖怪人間かよ!」と突っ込みを入れたくなる彼らは、個性が希薄なのだ。

 その道で生きてきた者たちだからサヴァイヴァル能力は長けているはずだ。それなのに、短気なところぐらいしかマフィアらしいところがない。ファイファーは泣きながら部屋で縮こまっているだけだし、アグロンは怒りに任せて暴れるのみ。ジョン・ディレオも威張っている割りには武器ひとつ上手に使いこなせない。別に格闘技やアクロバティックな技を見せろとは言わない。でも、得意分野すらない無個性が、アクションの停滞を生んでいることは間違いない。

 その上、笑いはワンパターン。目の前の人間に腹を立てて突如暴力をぶちかますか、或いは想像の世界で乱闘を繰り広げる…その繰り返しだけで笑いを搾り取ろうとする。血生臭さが香る画が、笑いの空気を湿り気のあるものしてしまうのも辛いところ。

 ファイファーの変貌は寂しい。加齢は仕方ないことだけれど、小さなお直しが積み重なり、肌のつっぱり感が不自然だ。骨に皮が張りついているような違和感。角度によっては研ナオコに見えるのも衝撃的と言える。マフィアの妻役なのだから、もうちょっとゴージャスに着飾っても良かった。

 クライマックスが盛り上がらない。見せ方が幼いし、戦い方も工夫がない。けれど最も大きな違和感は、物語の冒頭から意味ありげに顔を見せていた殺し屋軍団のリーダー格の男が、デ・ニーロと対決しないままに終わる点だ。それが見たくて最後まで我慢していたのではないか。アグロンと殺し屋を追いかけっこさせて喜んでいる場合ではない。ロリコン気味のベッソンならではとも言えるけれど…。





ブログパーツ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ