August 13 - 15 weekend, 2010

August 13 - 15 weekend, 2010

1 エクスペンダブルズ|$10,650(3270)$34,825,135
2 Animal Kingdom|$8,853(7)$8,853
3 食べて、祈って、恋をして|$7,497(3082)$23,104,523

4 Get Low|$7,109(53)$826,013
5 Lebanon|$5,767(3)$48,352
6 Cairo Time|$4,940(16)$184,597
7 La Soga|$4,778(11)$52,554
8 The Other Guys|$4,768(3651)$69,951,822
9 ゲド戦記|$4,123(5)$20,614
10 Scott Pilgrim vs. the World|$3,765(2818)$10,609,795


【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 ニール・パトリック・ハリスさんがパパになるそうです。パートナーであるデヴィッド・バートカさんと間に生まれるもので、代理母制度を使ってとのこと。しかもなんと双子なんだそうですよ。この場合、子どもはどちらもパパと呼ぶことになるんでしょうか。末永くお幸せに。

 Box Office。公開4週目の『ソルト』が興収1億ドルを突破しました。アンジェリーナ・ジョリー、向かうところ敵なしです。しかし、もっとすごいのは『トイ・ストーリー3』で、9週目にして4億ドルを超えました。日本でも大ヒット中。あ、でも『トイ・ストーリー3』が満席で観られなかった皆様、『ヒックとドラゴン』に切り替えても損はしないと思いますよ。オススメ。

 チャートへ。第1位に登場したのは『エクスペンダブルズ』(原題:『The Expendables』)。南米の島国の独裁政権を壊滅させる任務を負う精鋭部隊エクスペンダブルズを描くアクション物。シルヴェスター・スタローンが監督・出演する本作に集まったのは、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルドシュワルツェネッガーといった(大半が旬が遠くに過ぎ去ったように見える)キンニク男たち(ロークをこの中に入れていいのか?)。メンバーに入れてもらえなかったジャン=クロード・ヴァン・ダム、スティーヴン・セガール、ヴィン・ディーゼルあたりの心情を思うと心が痛みます。1ミリほどですが。いや、断わったという話もありますけど。ちゅーか、ステイサムを仲間に引き込まないでー!彼はセクシーアクションハゲとしてまだまだ使えますから!

 オーストラリア映画『Animal Kingdom』は2位へ。手を差し伸べてくれる犯罪ファミリーと刑事の間で揺れ動く17歳の少年の成長を描く犯罪スリラーで、サンダンス映画祭審査員賞受賞作です。17歳かー、勉強以外何をしていたのか(させられていたのか)思い出せないなぁ。誰もいない海で二人の愛をたしかめたくて、あなたの腕をすりぬけることがなかったのは確かです。出演はガイ・ピアース、ジョエル・エドガートン、アンソニー・ヘイズ、ジョン・メンデルソーン、ジャッキー・ウィーヴァー。

 3位に入ったのは『食べて、祈って、恋をして』(原題:『Eat Pray Love』)。人生の再スタートを切るため1年をかけてイタリア、インド、インドネシア・バリ島を旅する女性ジャーナリストを描くドラマティック・コメディ。ヒロインを演じるのは単独主演作は本当にお久しぶりのジュリア・ロバーツです。ロバーツの周りをウロチョロする男たちにはビリー・クラダップ、ジェームズ・フランコ、ハヴィエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス。まあ、ロバーツ クラスになると若いのからジイチャンまでよりどりみどりですよ!ちゅーか、ロバーツよ、それは贅沢っちゅーもんでしょう。ヴィオラ・デイヴィスも出演。

 7位インは『La Soga』。ドミニカ共和国を舞台に、正義と償いのために思い悩む肉屋の息子、実は政府の殺し屋を描く犯罪物。ドミニカというと…ドラゴンズファンであるワタクシは、トニ・ブランコ選手なのです…。最近不調で二軍に落とされていましたが、いよいよ一軍に復帰。どうぞ打ち上げ花火の連発を頼みますよ。出演はマニー・ペレス、デニス・キニョーネス。キニョーネスはミスユニヴァースに選ばれた人だそうで、なるほど確かに美女であります。ワタクシとは一生無縁な感じ。ハハン。

 日本製アニメーション『ゲド戦記』(英題:『Tales from Earthsea』)は9位にランクイン。ル=グウィンの原作を基にした作品。調べてみたら2006年の作品じゃないですか!4年も遅れて公開とはこれいかに。ワタクシも観ているはずなのですが、全然覚えておりません。なぜ。英語版ではマット・レヴィン、マリスカ・ハージティ、ティモシー・ダルトンが声を当てています。なんちゅーか、ほとんど期待されていないのね…。

 10位はエドガー・ライト監督の『Scott Pilgrim vs. the World』。アマチュアロックバンドでベースを担当するオタク青年が、夢に出てくる理想の女の子と現実世界で付き合うため、邪悪な7人の元恋人たちと戦うことになる様が描かれます。丸っきり漫画な展開ですが、それもそのはず原作は、カナダの人気コミックだとか。出演はマイケル・セラ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キーラン・カルキン、クリス・エヴァンス、アンナ・ケンドリック、アリソン・ピル、ジェイソン・シュワルツマン、ブランドン・ラウス。ライトは日本では「ショーン・オブ・ザ・デッド」(04年)「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(07年)でカルト的な人気を誇る映画人です。ワタクシメは「ホット・ファズ」には確信犯的な作り込みがノレなかったのですが、「ショーン・オブ・ザ・デッド」は強烈にオススメいたします。ぜひ。この作品の日本劇場公開も難しいだろうなぁ…と思ったら、どっこいなんと既に決まっているそうですよ!配給は東宝東和さんだそうな。でも、アメリカでコケたからDVDスルーに変更になったりして…。





blogram投票ボタン

ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ