November 22-24 2019, Weekend

◆11月第4週公開映画BUZZ


“A Beautiful Day in the Neighborhood”
 配給:トライスター
 監督:マリエル・ヘラー
 Budget:$45,600,000
 Weekend Box Office:$13,251,238(3235)
 OSCAR PLANET Score:90.4 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚色賞
           主演男優賞:マシュー・リス
           助演男優賞:トム・ハンクス
           撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

November 15-17 2019, Weekend

◆11月第3週公開映画BUZZ


フォードvsフェラーリ “Ford v Ferrari”
 配給:20世紀フォックス
 監督:ジェームズ・マンゴールド
 Budget:$97,600,000
 Weekend Box Office:$31,474,958(3528) Good!
 OSCAR PLANET Score:84.6 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:クリスチャン・ベール
           主演男優賞:マット・デイモン
           助演男優賞:トレイシー・レッツ
           助演女優賞:カトリーナ・バルフ
           撮影賞編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞録音賞音響効果賞作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

お知らせ

FILM PLANET blogは今週と来週、お休みします。

日本在住なのに、感謝祭休暇です。

二週間たっぷり休みます。

どっこいまだまだ早朝ジョギングしながら休みます。

(ちなみに、年末年始もたっぷり休むことでしょう。はい)

ただし、木曜日のQuick BUZZのみ更新します。

更新の再開は12月2日からになります。

どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド “Once Upon a Time... in Hollywood”

監督:クエンティン・タランティーノ

出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、
   エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、
   オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、ブルース・ダーン、
   アル・パチーノ、マイク・モー、ダミアン・ルイス、ルーク・ペリー、
   カート・ラッセル、クリフトン・コリンズ・ジュニア

評価:★★★★




 10本作品を撮ったら映画監督からの引退を表明しているクエンティン・タランティーノだから、思わず呟いてしまう。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が10本目だったか?実際は9本目に当たるのだけれど、それくらいこれはタランティーノの映画愛が炸裂した作品だ。舞台となる1969年はウッドストックが開催されアポロが月に降り立ち、そしてハリウッド黄金期が終わりを迎えようとしていた時代だ。タランティーノは6歳。おそらく既に映画少年だったタランティーノの記憶が映画の夢と華麗なるダンスを繰り広げる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ワイルドリング 覚醒する少女

ワイルドリング 覚醒する少女 “Wildling”

監督:フリッツ・ブーム

出演:ベル・パウリー、リヴ・タイラー、ブラッド・ドゥーリフ、
   コリン・ケリー=ソーデレット、アーロ・メルツ、ジェームズ・レグロス

評価:★★




 山奥のとある部屋で少女が監禁された状態で暮らしている。彼女の世話をするのは父親だけ。外へ出たことはない。…なんて書くと、「ルーム」(15年)を思い出すものの、『ワイルドリング 覚醒する少女』はその後、ホラー方向へとかなりぶっ飛んだ飛躍を見せる。これをチープだと嘲笑うことは簡単だけれど、その細部に込められた作り手の思いは、決して見過ごしてはいけない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

November 8-10 2019, Weekend

◆11月第2週公開映画BUZZ


マリッジ・ストーリー “Marriage Story”
 配給:Netflix
 監督:ノア・バームバック
 Budget:$8,600,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:96.9 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:アダム・ドライヴァー
           主演女優賞:スカーレット・ヨハンソン
           助演男優賞:アラン・アルダ
           助演女優賞:ローラ・ダーン
           撮影賞編集賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ロケットマン

ロケットマン “Rocketman”

監督:デクスター・フレッチャー

出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、リチャード・マッデン、
   ブライス・ダラス・ハワード、ジェマ・ジョーンズ、
   スティーヴン・マッキントッシュ、トム・ベネット

評価:★★★




 初めて楽曲をリリースしたのが1968年というから、デビューしてから50年経つのか。だからなのか、近年はショービズ界のご意見番みたいな雰囲気もあるエルトン・ジョンの音楽が再注目されている。ベストアルバムが発表されたのに続き、今を代表するシンガーたちによるトリビュート・アルバムが話題を集めた。そして今度は映画『ロケットマン』だ。どの企画も今の彼が関わらなくても成立するプロジェクトながら、彼が積極的に仕掛けているようにしか見えないのが可笑しい。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

永遠に僕のもの

永遠に僕のもの “El Ángel”

監督:ルイス・オルテガ

出演:ロレンソ・フェロ、チノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、
   メルセデス・モラーン、ルイス・ニェッコ、
   ピーター・ランサーニ、セシリア・ロス

評価:★★




 主人公カルリートスを演じるロレンソ・フェロは果たして、絶世の美少年か。写真を眺めただけではピンと来ない。垂れ気味の大きな目。太く短めの鼻。ぷっくり主張する唇。チリチリのブロンド。全体のバランスはアン・ハサウェイを思わせる(時にクロエ・グレース・モレッツの表情も覗く)。けれど、美少年?

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ディア・ファミリー あなたを忘れない

ディア・ファミリー あなたを忘れない “What They Had”

監督:エリザベス・チョムコ

出演:ヒラリー・スワンク、マイケル・シャノン、ブライス・ダナー、
   ロバート・フォースター、タイッサ・ファーミガ、ジョシュ・ルーカス

評価:★★




 家族の病や不幸をきっかけに主人公が帰郷する物語は少なくない。最近だとジョン・クラシンスキー監督の「最高の家族の見つけかた」(16年)がもろこのパターンだ。『ディア・ファミリー あなたを忘れない』もその後に続く。認知症の母が行方不明になる事件が起こり、ヒロインが冬のシカゴに舞い戻る。もちろん家族の確執が露わになる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ライオン・キング

ライオン・キング “The Lion King”

監督:ジョン・ファヴロー

声の出演:ドナルド・グローヴァー、セス・ローゲン、
   キウェテル・イジョフォー、アルフレ・ウッダード、
   ビリー・アイクナー、ジョン・カニ、
   ジョン・オリヴァー、フローレンス・カサンバ、
   エリック・アンドレ、キーガン=マイケル・キー、
   ビヨンセ・ノウルズ、ジェームズ・アール・ジョーンズ

評価:★★




 94年のアニメーション映画を「実写風」に映像化するにあたり、新たにストーリーに奥行きを与える試みはなされなかったらしい。アニメーションとほぼ同じストーリーであり、同じ世界観だ。間違い探しができるだろう。だから、頭を抱えてしまう。『ライオン・キング』は94年版より先に作られた「美女と野獣」(91年)「アラジン」(92年)に較べて、明らかに作品の質に問題があったからだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

世界の涯ての鼓動

世界の涯ての鼓動 “Submergence”

監督:ヴィム・ヴェンダース

出演:ジェームズ・マカヴォイ、アリシア・ヴィキャンデル、
   アレクサンダー・シディグ、ハキームシェイディ・モハメド、
   レダ・カテブ、ケリン・ジョーンズ

評価:★★




 男はソマリアで過酷な任務が待つMI6諜報員。女はグリーンランド深海での探査が控える海洋生物学者。そのふたりがノルマンディーの美しい海岸で出会う。これだけ舞台が揃っているのにメロドラマにならないのが、ヴィム・ヴェンダースだ。褒めていない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

November 1-3 2019, Weekend

◆11月第1週公開映画BUZZ


アイリッシュマン “The Irishman”
 配給:Netflix
 監督:マーティン・スコセッシ
 Budget:$159,000,000
 Weekend Box Office:-
 OSCAR PLANET Score:95.5 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚色賞
           主演男優賞:ロバート・デ・ニーロ
           助演男優賞:アル・パチーノ
           助演男優賞:ジョー・ペシ
           撮影賞編集賞美術賞衣装デザイン賞メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞録音賞音響効果賞作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ブラインド 朗読する女

ブラインド 朗読する女 “Blind”

監督:マイケル・メイラー

出演:デミ・ムーア、アレック・ボールドウィン、
   ディラン・マクダーモット、スティーヴン・プレスコッド、
   ヴィヴァ・ビアンカ、ジェームズ・マキャフリー

評価:★★




 デミ・ムーアとアレック・ボールドウィンが本格的に共演するのはスリラー「陪審員」(96年)以来だろうか。当時、ふたりとも「美形」として人気絶頂だったことを思い出す。イケイケドンドンだったあの頃から随分経ち、再び顔を合わせて作り上げた『ブラインド 朗読する女』が完全なるメロドラマなのに、時の流れを感じずにはいられない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ワイルド・スピード スーパーコンボ

ワイルド・スピード スーパーコンボ “Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw”

監督:デヴィッド・リーチ

出演:ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ、
   ヴァネッサ・カービー、ヘレン・ミレン、エイザ・ゴンザレス、
   ライアン・レイノルズ、ケヴィン・ハート、
   クリフ・カーティス、エディ・マーサン

評価:★★★




 いや、だから、「ワイルド・スピード」シリーズ最大の謎はジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウの扱いだ。ヤツはヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレット ファミリーのひとりを無惨に殺害した人物なのだ。何故いつの間にかファミリー面をしているのだ。仲間との絆、なんてものをテーマに掲げておいて、これはないだろう。『ワイルド・スピード スーパーコンボ』でヤツは、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスと共に、スピンオフとは言え、主役に躍り出る。正気か!

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ペット2

ペット2 “The Secret Life of Pets 2”

監督・声の出演:クリス・ルノー

声の出演:パットン・オズワルト、ケヴィン・ハート、
   エリック・ストーンストリート、ジェニー・スレイト、
   ティファニー・ハディッシュ、レイク・ベル、ニック・クロール、
   ハリソン・フォード、ダナ・カーヴィ、エリー・ケンパー、
   ハンニバル・バレス、ボビー・モナハン

評価:★




 ふと考え込むのは、この映画の個性って何だろうということだ。アニメーションというのは単なる表現法だし、動物が喋るというのは映画では珍しいことではない。動物がアクションを見せるだけでは目新しくは感じられず、人気俳優たちによるヴォイスキャストも今更の感。一作目(16年)はまだ、飼い主の留守中のペット観察という縛りがあったものの、『ペット2』ではそれすら無視される。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

マーウェン

マーウェン “Welcome to Marwen”

監督:ロバート・ゼメキス

出演:スティーヴ・カレル、レスリー・マン、ダイアン・クルーガー、
   メリット・ウェヴァー、ジャネール・モネイ、エイザ・ゴンザレス、
   グウェンドリン・クリスティー、レスリー・ゼメキス、ニール・ジャクソン

評価:★★




 いきなり始まるのは、戦時下、ベルギー上空での爆撃だ。けれど緊張より先に違和感を感じる。よくよく目を凝らすと、戦闘機はプラモデル風だし、黒煙も手作り感あり。操縦する兵士に至っては、まるで陶器の人形みたいな肌だ。ん?なんだか微笑ましい。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

チャイルド・プレイ

チャイルド・プレイ “Child's Play”

監督:ラース・クレヴバーグ

出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、
   ブライアン・タイリー・ヘンリー、ビアトリス・キットソス、
   タイ・コンシーリョ、デヴィッド・ルイス、
   カーリース・バーク、マーロン・カザーディ

声の出演:マーク・ハミル

評価:★★




 21世紀に蘇るにあたり、殺人人形チャッキーは考えた。昨今のホラー映画界はアナベルちゃん人形の勢いがスゴイ。ヤツに太刀打ちするには何か新しい売りがなくては…。そうだ、僕はAI人形になろう。ネット社会に見合ったハイテクドールになるんだ!アナベルちゃん、敗れたり!

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ