April 19-21 2019, Weekend

◆4月第3週公開映画BUZZ


ラ・ヨローナ 泣く女 “The Curse of La Llorona”
 配給:ニューライン・シネマ
 監督:マイケル・チャヴェス
 Budget:$9,000,000
 Weekend Box Office:$26,347,631(3372) Good!
 OSCAR PLANET Score:37.7
 Razzie Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演女優賞:リンダ・カーデリーニ

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

お知らせ

FILM PLANET blogは4月22日~5月12日までお休みします。

ただし、木曜日のQuick BUZZのみ更新します。

次シーズンに向けての OSCAR PLANET 準備を兼ねた

長過ぎるゴールデンウィーク休暇です。

この前たっぷり春休みを取ったばかりなのに休みます。

ちなみにOSCAR PLANETの準備は今年も全然進んでいません…。

現時点で完成しているのは作品賞予想のみって一体…。

そんなわけで、どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵 “Creed II”

監督:スティーヴン・ケイプル・ジュニア

出演:マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン、
   テッサ・トンプソン、フロリアン・ムンテアヌ、
   ドルフ・ラングレン、フィリシア・ラシャド、ウッド・ハリス、
   アンドレ・ウォード、ブリジット・ニールセン、
   マイロ・ヴィンティミリア、ラッセル・ホーンスビー

評価:★★★




 今回アドニス・クリードが対戦するのは、父の仇であるイワン・ドラゴの息子ヴィクター・ドラゴだという。つまり『クリード 炎の宿敵』は「ロッキー 炎の友情」(85年)に大いに目配せした内容だ。となると映画ファンは不安に思うだろう。「炎の友情」は今となってはシリーズの中でもキワモノ的側面が濃いからだ。もしかしたら作り手はそんな扱いに不満を抱いていたのかもしれない。雪辱戦的気迫を感じるのだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

イット・カムズ・アット・ナイト

イット・カムズ・アット・ナイト “It Comes at Night”

監督:トレイ・エドワード・シュルツ

出演:ジョエル・エドガートン、クリストファー・アボット、
   カルメン・イジョゴ、ケルヴィン・ハリソン・ジュニア、
   グリフィン・ロバート・フォークナー、ライリー・キーオ

出演:★★★★




 世界で人を死に至らしめるような何かが起こり、生き残った者たちが人里離れた地に身を隠して暮らす。この設定自体は決して新味があるとは言えない。それにも拘らず『イット・カムズ・アット・ナイト』には新鮮な風が吹く。技ありなのはバランスの崩し方だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

April 12-14 2019, Weekend

◆4月第2週公開映画BUZZ


ヘルボーイ “Hellboy”
 配給:サミット・エンターテイメント
 監督:ニール・マーシャル
 Budget:$50,000,000
 Weekend Box Office:$12,045,147(3303) zzz...
 OSCAR PLANET Score:24.2 BIG BOMB!!!
 Oscar Potential:メイキャップ&ヘアスタイリング賞、視覚効果賞
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:デヴィッド・ハーバー
           助演男優賞:イアン・マクシェーン
           助演女優賞:ミラ・ジョヴォヴィッチ
           助演女優賞:サーシャ・レイン

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング “I Feel Pretty”

監督:アビー・コーン、マーク・シルヴァースタイン

出演:エイミー・シューマー、ミシェル・ウィリアムス、
   ローリー・スコーヴェル、エミリー・ラタコウスキー、
   エイディ・ブライアント、トム・ホッパー、
   ビジュー・フィリップス、アドリアン・マルティネス、
   ナオミ・キャンベル、ローレン・八ットン

評価:★★★




 以前「愛しのローズマリー」(01年)という映画があった。男には他人の心の美醜が、そのまま外見に反映されて見えるという設定。心の美しい人は美男美女に、心が汚れた人はブサイクに見える。これにより男にはヒロインが実際はデブなのにとびきりの美女に見える。美女を演じたのはグウィネス・パルトロウ。デブを表現するのに特殊メイクが使用された。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

暁に祈れ

暁に祈れ “A Prayer Before Dawn”

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール

出演:ジョー・コール、ポンチャノック・マーブグラン、
   ヴィタヤ・パンスリンガム、ソムラック・カムシン、
   パンヤ・イムアンパイ、ビリー・ムーア

評価:★★★★




 主人公ビリー・ムーアの背中から始まる。頼もしく盛り上がった広背筋。なで肩に見えるのは背筋に流れる僧帽筋が山を作っているからで、加えてその白い肌には清潔さを見てしまう。ところが、これがとんだミスリードで、ムーアはタイの地でドラッグ中毒となり、ボクサーとして戦いながら、自堕落な生活を極めている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アリー スター誕生

アリー スター誕生 “A Star Is Born”

監督・出演:ブラッドリー・クーパー

出演:レディー・ガガ、サム・エリオット、
   アンドリュー・ダイス・グレイ、デイヴ・シャペル、
   アンソニー・ラモス、ラフィ・ガヴロン、アレック・ボールドウィン

評価:★★★★




 もう何度目の映画化になるのだろう。正式にリメイクと謳われていなくても、明らかにこの話をベースにした作品は少なくない。大スターに見出された若い卵が、大スターが転落していくのを見ながら、自らは空高く舞い上がっていく。奇を衒ったところのない、もはや永遠の古典と言うべきストーリー。ベタとも言えるだろうか。それならばベタを魅力的に飾り立てるものが欲しい。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

シュガー・ラッシュ:オンライン

シュガー・ラッシュ:オンライン “Ralph Breaks the Internet”

監督:リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン

声の出演:ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、ガル・ギャドット、
   タラジ・P・ヘンソン、アラン・テュディック、ビル・ヘイダー、
   パメラ・リボン、ジェニファー・ヘイル、ケイト・ヒギンズ、
   ミンナ・ウェン、ジョディ・ベンソン、ペイジ・オハラ、
   リンダ・ラーキン、アイリーン・ベダード、アニカ・ノニ・ローズ、
   マンディ・ムーア、ケリー・マクドナルド、イディナ・メンゼル、
   クリステン・ベル、アウリイ・クラヴァーリョ

評価:★★★




 「シュガー・ラッシュ」(12年)ではゲームの世界のルールが意識されていたのに対し、続編『シュガー・ラッシュ:オンライン』はインターネットの世界の作り込みに熱心だ。パソコンやスマホの画面を通して眺める平面の世界を、視覚化、立体化するとどうなるか。全く縁のないゲームの世界より遥かにとっつきやすいのは有り難い。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

マイ・サンシャイン

マイ・サンシャイン “Kings”

監督:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン

出演:ハル・ベリー、ダニエル・クレイグ、ラマー・ジョンソン、
   カーラン・KR・ウォーカー、レイチェル・ヒルソン

評価:★




 そうか、あのLA暴動からもう25年以上経つのか。アメリカの悪しき歴史の一部となった出来事。『マイ・サンシャイン』はそれを描きつつ、本来無関係のところから翻弄される家族を見つめる。人間の愚かさ、無力、傲慢さを突きつけながら…ということらしいのだけど、何だか黒人に対して自業自得じゃないかと思わせる語りはどうなんだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

April 5-7 2019, Weekend

◆4月第1週公開映画BUZZ


シャザム! “Shazam!”
 配給:ニューライン・シネマ
 監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
 Budget:$100,000,000
 Weekend Box Office:$53,505,326(4217) Great!
 OSCAR PLANET Score:79.5
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           主演男優賞:ザッカリー・リーヴァイ
           助演男優賞:ジャイモン・ハンスゥ
           助演男優賞:マーク・ストロング
           撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

メアリーの総て

メアリーの総て “Mary Shelley”

監督:ハイファ・アル=マンスール

出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーヴィン・ディレイン、
   ジョアンヌ・フロガット、ベン・ハーディ、メイジー・ウィリアムス、
   ベル・パウリー、トム・スターリッジ

評価:★★




 かの有名な「ディオダティ荘の怪奇談義」の後、メアリー・シェリーが何かにとり憑かれたように「フランケンシュタイン」を一気呵成に書き上げる場面がある。黒インクが紙に擦れては絶望と後悔と化し、そして散っていく。あぁ、彼女はこうして居場所を見つけるに至ったのだと腑に落ちる印象的な流れだ。それならば、『メアリーの総て』よ、何故そこを深く突っ込まないのだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

グリンチ

グリンチ “The Grinch”

監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー

声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キャメロン・シーリー、
   ラシダ・ジョーンズ、キーナン・トンプソン、アンジェラ・ランズベリー

評価:★★




 文学界(?)のクリスマス嫌いと言ったら、エベニーザー・スクルージとグリンチがツートップだろう。イルミネーション・スタジオが取り上げるのは後者だ。かつてジム・キャリーによる実写版(00年)も作られたものの、ドクター・スースの絵本から飛び出したキャラクターだから、なるほどアニメーション向きと言える。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

マンディ 地獄のロード・ウォリアー

マンディ 地獄のロード・ウォリアー “Mandy”

監督:パノス・コスマトス

出演:ニコラス・ケイジ、アンドレア・ライズボロー、ライナス・ローチ、
   ネッド・デネヒー、オルウェン・フエレ、リチャード・ブレイク、ビル・デューク

評価:★★★




 長らくニコラス・ケイジ好きには厳しい時代が続いている。改めて断るまでもなく、ケイジ出演作の質が下がる一方だからだ。もはや劇場公開を狙っているのかすら怪しい作品の連打。絶頂期を知る者は溜息をつくしかない。『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』もそんな映画なのだろうか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

March 29-31 2019, Weekend

◆3月第5週公開映画BUZZ


ダンボ “Dumbo”
 配給:ディズニー
 監督:ティム・バートン
 Budget:$170,000,000
 Weekend Box Office:$45,990,748(4259) Good!
 OSCAR PLANET Score:54.2
 Oscar Potential:助演男優賞:アラン・アーキン
           助演男優賞:ダニー・デヴィート
           助演男優賞:コリン・ファレル
           助演男優賞:マイケル・キートン
           助演女優賞:エヴァ・グリーン
           撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ