January 25-27 2019, Weekend

◆1月第4週公開映画BUZZ


セレニティー:平穏の海 “Serenity”
 配給:アヴィロン
 監督:スティーヴン・ナイト
 Budget:$25,000,000
 Weekend Box Office:$4,415,403(2561) zzz...
 OSCAR PLANET Score:31.4 BIG BOMB!!!
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:マシュー・マコノヒー
           主演女優賞:アン・ハサウェイ
           助演男優賞:ジェイソン・クラーク
           助演男優賞:ジャイモン・ハンスゥ
           助演女優賞:ダイアン・レイン

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

アンダー・ザ・シルバーレイク

アンダー・ザ・シルバーレイク “Under the Silver Lake”

監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル

出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、トファー・グレイス、
   ゾーシャ・マメット、キャリー・ヘルナンデス、パトリック・フィスクラー、
   グレース・ヴァン・パタン、ジミ・シンプソン

評価:★★★★




 誰でも夢を見る。意識することなく夢を見る。ただ、それが爽快感に満ちているとは限らない。いや、むしろ悪夢の方が多いのではないか。そして、夢を見るのは人間だけとは限らないだろう。例えば、街も夢を見ることが、悪夢にうなされることがあるのではないか。『アンダー・ザ・シルバーレイク』はそう、ロサンゼルスの悪夢を描き出す。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ルイスと不思議の時計

ルイスと不思議の時計 “The House with a Clock in Its Walls”

監督:イーライ・ロス

出演:オーウェン・ヴァカーロ、ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、
   カイル・マクラクラン、レニー・エリーズ・ゴールズベリー、
   コリーン・キャンプ、ロレンツァ・イッツォ、サニー・スリッチ

評価:★★




 ジャック・ブラックとケイト・ブランシェットが魔法使いに扮する。この際キャラクターの割り当てが、ブラックが三流のポンコツ、ブランシェットが超のつく一流というのだ。つまり、ふたりのイメージ通りということだ。加えて、彼らをサポート役に冒険の中心となる少年は、両親を亡くしたばかりの苛められっ子と来た。あぁ、何と分かりやすいファミリー映画だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ラバーズ・アゲイン

ラバーズ・アゲイン “The Lovers”

監督:アザゼル・ジェイコブス

出演:デブラ・ウィンガー、トレイシー・レッツ、エイダン・ギレン、
   メローラ・ウォルターズ、タイラー・ロス、ジェシカ・スーラ

評価:★★★★




 「愛」。あまりに身近過ぎて、もはや語られ尽くされた感がある。あるけれどしかし、それでもまだ愛を別の角度から描くことができると、人の数だけ愛は表情を変えると、アザゼル・ジェイコブスは教えてくれる。『ラバーズ・アゲイン』はどこにでも転がっているラヴストーリーに見えて、ちゃんと新鮮だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 “Tulip Fever”

監督:ジョン・マッデン

出演:アリシア・ヴィキャンデル、デイン・デハーン、クリストフ・ヴァルツ、
   ジャック・オコンネル、ホリデイ・グレインジャー、トム・ホランダー、
   マシュー・モリソン、ケヴィン・マクキッド、ダグラス・ホッジ、
   ジョアンナ・スキャンラン、カーラ・デルヴィーニュ、
   ザック・ガリフィアナキス、ジュディ・デンチ

評価:★★




 肖像画のモデルを務める際、アリシア・ヴィキャンデルがドレスをまとう場面が目に焼きつく。ヨハネス・フェルメールの名画に着想を得た小説が原作らしく、なるほど気合いが入っている。首周りの装飾やシンプルな髪飾りやイアリング、凝った構造もさることながら、やはりブルーの色が鮮烈。別の場面で赤と黄の混じったチューリップを手に持つのも気が利いている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

LBJ ケネディの意志を継いだ男

LBJ ケネディの意志を継いだ男 “LBJ”

監督:ロブ・ライナー

出演:ウッディ・ハレルソン、ジェニファー・ジェイソン・リー、
   マイケル・スタール=デヴィッド、リチャード・ジェンキンス、
   ビル・プルマン、ジェフリー・ドノヴァン

評価:★★




 アメリカ合衆国大統領史の中で、ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンに挟まれたリンドン・ジョンソンはどうしても影が薄い。公民権法の成立という重要な功績もあるのに、だ。本人のパーソナリティに問題があったという語られ方もあるようだけれど、ドナルド・トランプを見慣れてしまった我々の目には、いたってまともな人物に見える。つまりLBJ、今の時代でもインパクト、イマイチ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

January 18-20 2019, Weekend

◆1月第3週公開映画BUZZ


ミスター・ガラス “Glass”
 配給:ユニヴァーサル
 監督:M・ナイト・シャマラン
 Budget:$20,000,000
 Weekend Box Office:$40,328,920(3841) Great!
 OSCAR PLANET Score:41.0
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚色賞
           主演男優賞:ジェームズ・マカヴォイ
           主演男優賞:ブルース・ウィリス
           助演男優賞:サミュエル・L・ジャクソン


続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

グッバイ・クリストファー・ロビン

グッバイ・クリストファー・ロビン “Goodbye Christopher Robin”

監督:サイモン・カーティス

出演:ドーナル・グリーソン、マーゴット・ロビー、ウィル・ティルストン、
   ケリー・マクドナルド、アレックス・ロウザー

評価:★★




 主人公のA・A・ミルンは、くまのプーさんとその仲間たちを生み出した英国の作家だ。…となると、プーさん誕生秘話が出てくることは容易に想像できる。ただし、ハートウォーミングなそれを思い浮かべると驚くだろう。あのほのぼのとしたプーさんの世界とは違い、かなりほろ苦い空間が広がる。あのサセックスの地が、こんなにビターなんて…。タイトルは『グッバイ・クリストファー・ロビン』だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

フィフティ・シェイズ・フリード

フィフティ・シェイズ・フリード “Fifty Shades Freed”

監督:ジェームズ・フォーリー

出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、エリック・ジョンソン、
   エロイーズ・マンフォード、リタ・オラ、ルーク・グライムス、
   ヴィクター・ラサック、マルシア・ゲイ・ハーデン、
   ジェニファー・イーリー、カラム・キース・レニー、
   マックス・マーティーニ、アリエル・ケベル、ブラント・ドーハティ

評価:★★




 遂にアナスタシア・スティールがクリスチャン・グレイと結婚式を挙げる場面から始まる。グレイ家の式にしては地味ではないか。…なんて思っていると、アッという間にプライヴェートジェット機に乗り込んだふたりは、豪華絢爛、優雅を極めた新婚旅行へ。世界は俺たちのためにある。金に物を言わせた旅行。いや、幸せなら良いんですけど。えぇ、嫉妬なんてしていません。ねぇ、剛力さんよ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

イコライザー2

イコライザー2 “The Equalizer 2”

監督:アントワン・フークワ

出演:デンゼル・ワシントン、ペドロ・パスカル、アシュトン・サンダース、
   メリッサ・レオ、ビル・プルマン、サキナ・ジャフリー、
   ジョナサン・スカーフ、アダム・カースト、オーソン・ビーン

評価:★★★




 一作目(14年)、デンゼル・ワシントン演じるロバート・マッコールはホームセンターのオッチャンだった。あのワシントンがエプロンを装着して、ホームセンターで品物をチェックする。その画の破壊力。それに較べると『イコライザー2』はインパクトが弱い。ホームセンターをやめたオッチャンはタクシーの運転手として現れる。いや、職業は自由だ。けれど、バックミラー越しに客の様子を窺うだけの画には、さほど力が、いや突っ込み所がないのだった。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

シドニー・ホールの失踪

シドニー・ホールの失踪 “Sidney Hall”

監督:ショーン・クリステンセン

出演:ローガン・ラーマン、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、
   ミシェル・モナハン、ブレイク・ジェナー、マーガレット・クアリー、
   ネイサン・レイン、ヤーア・アブドゥル=マティーン・セカンド

評価:★★




 自意識過剰に外観を凝った『シドニー・ホールの失踪』に原作がないのが意外だ。実話とも違うようだ。タイトルロールのシドニー・ホールは、彼が高校生のときに書いた「郊外の悲劇」という小説で有名な人気作家だ。映画は彼の人生を描き出す。ただし、一旦バラバラにし、その断片を繋ぎ合わせる手法で。時制が弄られるということだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

クレイジー・リッチ!

クレイジー・リッチ! “Crazy Rich Asians”

監督:ジョン・M・チュウ

出演:コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ヨー、
   アウクワフィナ、ケン・チョン、ソノヤ・ミズノ、ジミー・O・ヤン、
   ジェンマ・チャン、リサ・ルー、ニコ・サントス、
   ジン・ルージ、フィオナ・シェー

評価:★




 勝地涼をマッチョにした感じのヘンリー・ゴールディングと前田敦子よりもキンタロー。に近い顔立ちのコンスタンス・ウーを主人公にした『クレイジー・リッチ!』は、「ジョイ・ラック・クラブ」(93年)以来となる、メインキャスト全員がアジア人俳優によるメジャー映画だという。「ジョイ・ラック・クラブ」はちっとも楽しくなかった。そして奇遇なことに、『クレイジー・リッチ!』も面白いところがひとつもない。こんなんでロマンティック・コメディを名乗ってくれるな。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

January 11-13 2019, Weekend

◆1月第2週公開映画BUZZ


レプリカズ “Replicas”
 配給:エンターテイメント・スタジオ
 監督:ジェフリー・ナックマノフ
 Budget:$30,000,000
 Weekend Box Office:$2,375,325(2329) zzz...
 OSCAR PLANET Score:17.3 BIG BOMB!!!
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:キアヌ・リーヴス
           助演女優賞:アリス・イヴ

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

第39回ゴールデン・ラズベリー賞ノミネーション予想

 ふと思ったのだけど、日本でラジー賞をやったらどうなるのだろう。どこかの雑誌だか新聞だかが似たような趣旨の賞を発表していたけれど、何だか「本気の選出」で思い切り引いてしまう。「世間では評価が高いようだけど、俺たち私たちはすごくつまらなかった!褒めてる奴ら、バカじゃねえの?」…みたいなスノッブ臭が極めて濃い選考だったと記憶している。そういうのは個人で発表してくれれば笑って済ませられるのになぁ。もし本当に日本版ラジー賞ができるなら、あっけらかんと笑い飛ばせる面子で揃えて欲しい。

 …なんて無理か。日本にはジョークの土壌ができていない上、大ヒット映画や高視聴率ドラマが無条件で崇められ(テレビ朝日の「水戸黄門」支持層狙い撃ちシリーズの数々が高視聴率で、そんなに偉いかね)、興行的大コケ映画や低視聴率ドラマは無理矢理理由が見つけられ(大抵は主演俳優が原因とされる)こてんぱんに叩かれる。最近はSNS上で熱く支持されることが報道されることもあるけれど(何故かTwitterのトレンド入りが褒められる。それはそれでどうかね)、あくまでそれは例外なのだ。

 まあ、どうでもいいや。

 …と、そんなこんなで、今年も適当に各部門を予想。以下の通り。



続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

クワイエット・プレイス

クワイエット・プレイス “A Quiet Place”

監督・出演:ジョン・クラシンスキー

出演:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュープ

評価:★★★★




 決して大声を出してはいけない。物音を立ててはいけない。僅かな音が死を招く。…と書けば、どうしても「ドント・ブリーズ」(16年)を思い出してしまうわけだけれど、そちらと『クワイエット・プレイス』の印象がまるで異なるのは当然だ。襲い来るのがスーパージジイと奇怪なモンスターという違いは大きい(どちらも目は見えないが、聴覚が優れている)。けれど、空間の味わいこそが、より大きな相違点だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

かごの中の瞳

かごの中の瞳 “All I See Is You”

監督:マーク・フォースター

出演:ブレイク・ライヴリー、ジェイソン・クラーク、
   ダニー・ヒューストン、ウェス・チャサム、アナ・オライリー、
   ミケル・フェルナンデス、イヴォンヌ・ストラホフスキー

評価:★★




 目の見えない人が視力を取り戻す物語は、スリラーになりやすい。見えないことでかえって保たれていたバランスが崩れるからだ。良く見えるようになって良かったねー、とは決してならない。たったひとりが視覚的に判断する力を得ることで、不利な立場に追い込まれる者が出てくるのだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

January 4-6 2019, Weekend

◆1月第1週公開映画BUZZ


“Escape Room”
 配給:コロンビア
 監督:アダム・ロビテル
 Budget:$9,000,000
 Weekend Box Office:$18,238,172(2717) Good!
 OSCAR PLANET Score:47.5
 Oscar Potential:None


続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

December 28-30 2018, Weekend

◆12月第4週公開映画BUZZ


バイス “Vice”
 配給:アンナプルナ
 監督:アダム・マッケイ
 Budget:$60,000,000
 Weekend Box Office:$7,768,371(2442) zzz...
 OSCAR PLANET Score:63.8
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:クリスチャン・ベール
           助演男優賞:スティーヴ・カレル
           助演男優賞:サム・ロックウェル
           助演女優賞:エイミー・アダムス
           撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

謹賀新年

 新年おめでとうございます。

 2019年が始まりました。今年のお正月はどう過ごしましょう。よく「正月も映画三昧ですか?」と聞かれるのですが、そんなことはなく、いつも大体一週間ぐらいは映画を観ないまま過ごします。年末年始に封切られる映画は少ないですからね。

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ