お知らせ

FILM PLANET blogは7月31日から8月30日までお休みします。夏休みです。

一カ月も?長過ぎる?確かに。でも、休みます。

ちょっと疲れが溜まっているので無理はしません。

えぇ、そうです。歳を取るとなかなか疲れが取れないのですよ。

ただし、木曜日のQuick BUZZのみ更新します。

更新の再開は8月31日からになります。

それからイレギュラーで何か、更新するかもしれません。しないかもしません。

どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート “Mr. Right”

監督:パコ・カサベス

出演:サム・ロックウェル、アンナ・ケンドリック、ティム・ロス、
   ジェームズ・ランソン、アンソン・マウント、マイケル・エクランド、RZA

評価:★★




 いくら何でもアンナ・ケンドリック、細過ぎじゃなかろうか。腕も足もポッキーみたいだ。それを隠そうとせず、照りつける太陽の下、ノースリーヴ、膝上スカートで通すものだから、やたら頭が大きく見えて、風が吹いただけで身体が折れてしまうんじゃないかと心配になる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

セールスマン

セールスマン “Forushande”

監督:アスガー・ファルハディ

出演:シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ、
   ババク・カリミ、ミナ・サダディ

評価:★★★




 主人公のイラン人夫婦は一緒に劇団に所属するほど仲が良く、だから突き落される現実が余計にやるせない。新居先のアパートで前の住人に間違われた妻がレイプされるという悲劇が起こるのだ。果たして夫妻は犯人を捕まえられるだろうか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

July 21-23 2017, Weekend

◆7月第3週公開映画BUZZ


ダンケルク “Dunkirk”
 配給:ワーナー・ブラザース
 監督:クリストファー・ノーラン
 Budget:$150,000,000
 Weekend Box Office:$50,513,488(3720) Great!
 OSCAR PLANET Score:93.0 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:フィオン・ホワイトヘッド
           助演男優賞:ケネス・ブラナー
           助演男優賞:トム・ハーディ
           助演男優賞:キリアン・マーフィ
           助演男優賞:マーク・ライランス
           助演男優賞:ハリー・スタイルズ
           撮影賞編集賞美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞録音賞音響効果賞作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

キング・アーサー

キング・アーサー “King Arthur: Legend of the Sword”

監督:ガイ・リッチー

出演:チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、ジャイモン・ハンスゥ、
   アストリッド・ベルジュ=フリスベ、エイダン・ギレン、
   エリック・バナ、キングズリー・ベン=アディル、
   クレイグ・マクギンリー、デヴィッド・ベッカム

評価:★★




 今となっては信じ難いけれど、「ニコラス・ニックルビー」(02年)で映画初主演を飾った頃のチャーリー・ハナムは、「金髪の美青年」という形容がぴったりで、それはそれは綺麗だった。イングランド発の正統派美青年登場の気配を濃厚に漂わせていたものだ。それがどこをどう間違ったか、いや間違ってはいないのか、今のハナムは英国俳優では数少ないマッチョ俳優だ。筋骨隆々、なるほど『キング・アーサー』に抜擢されるわけだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ブロークン 過去に囚われた男

ブロークン 過去に囚われた男 “Manglehorn”

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン

出演:アル・パチーノ、ホリー・ハンター、ハーモニー・コリン、
   クリス・メッシーナ、スカイラー・ギャスパー、ブライアン・メイズ

評価:★★




 「君を想わない日は一日もない」。鍵の修理屋として慎ましく生きるアル・パチーノが、過去に愛した女へのラヴレターを読み上げる。80歳が近づいてきたパチーノを未だ支配する過去の情熱的な愛。おそらく別れてから相当年月が流れている。一途と言うよりも女々しいとする方がしっくりくるけれど、案外これにシンパシーを覚える。確かにいつまでも胸から離れない、離れてくれない愛というものはある。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

フェンス

フェンス “Fences”

監督・出演:デンゼル・ワシントン

出演:ヴィオラ・デイヴィス、スティーヴン・ヘンダーソン、
   ジョヴァン・アデポ、ラッセル・ホーンズビー、
   ミケルティ・ウィリアムソン、サナイヤ・シドニー

評価:★★




 のっけからから膨大なセリフ量にたじろぐ。清掃員のデンゼル・ワシントンとスティーヴン・ヘンダーソンのセリフの応酬から始まり、いつしかそこにヴィオラ・デイヴィスが加わり、ラッセル・ホーンスビーやミケルティ・ウィリアムソンが顔を出し、しかも長台詞を強調するような撮り方が連発される。監督を兼ねたワシントン、気合いが入っていると言うか、気合いが入り過ぎと言うか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ロスト・エモーション

ロスト・エモーション “Equals”

監督:ドレイク・ドレマス

出演:ニコラス・ホルト、クリステン・スチュワート、
   ジャッキー・ウィーヴァー、ガイ・ピアース、
   トビー・ハス、デヴィッド・セルビー、ベル・パウリー

評価:★★




 戦争により人類の大半が死亡した近未来を舞台にした『ロスト・エモーション』の世界では、感情というものが悪と見なされ、人々は遺伝子操作により感情を失ったまま生きている。ニコラス・ホルトとクリステン・スチュワートはそんな状況下で、感情を蘇らせる。当然のように恋に落ちるふたり。偶然同時期に感情を取り戻した相手が美男美女でラッキーなふたりでもある。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ロンドン・ロード ある殺人に関する証言

ロンドン・ロード ある殺人に関する証言 “London Road”

監督:ルーファス・ノリス

出演:オリヴィア・コールマン、アニタ・ドブソン、
   クレア・バート、ケイト・フリートウッド、トム・ハーディ

評価:★★




 マイッタ。トム・ハーディの名前があったので、てっきり彼が歌い踊る、それはそれは珍しいミュージカルなのではないかと想像していたら、ハーディの出番は極僅か。タクシー運転手に扮して、狭いタクシー内、語るように(上手いんだか下手なんだか判断し難いまま)ぼそぼそ歌うだけなのだ。こんなチョイ役でもスター性抜群であることは分かる。でも、ハーディに関して言えば、それだけだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

July 14-16 2017, Weekend

◆7月第2週公開映画BUZZ


猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) “War for the Planet of the Apes”
 配給:20世紀フォックス
 監督:マット・リーヴス
 Budget:$150,000,000
 Weekend Box Office:$56,262,929(4022) Great!
 OSCAR PLANET Score:89.3 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           助演男優賞:ウッディ・ハレルソン
           助演男優賞:アンディ・サーキス
           助演男優賞:スティーヴ・ザーン
           撮影賞編集賞美術賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞録音賞音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

怪物はささやく

怪物はささやく “A Monster Calls”

監督:J・A・バヨナ

出演:ルイス・マクドゥガル、フェリシティ・ジョーンズ、
   シガーニー・ウィーヴァー、リーアム・ニーソン、
   トビー・ケベル、ジェラルディン・チャップリン

評価:★★★




 怪物は少年の住む家のすぐ裏の教会の墓地にある「癒しの木」から生まれる。死にゆく母と暮らす少年は怪物から三つの物語を聞き、それが終わると少年もまたある物語を語ることになる。そう、『怪物はささやく』はファンタンジーの色が濃い。ただし、その味わいは全く子ども向けではない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パトリオット・デイ

パトリオット・デイ “Patriots Day”

監督:ピーター・バーグ

出演:マーク・ウォルバーグ、ジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、
   J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン、ヴィンセント・カラトーラ、
   アレックス・ウォルフ、テモ・メリキゼ、マイケル・ビーチ

評価:★★★




 「バーニング・オーシャン」(16年)ではメキシコ湾沖海底油田爆発事故を生々しく描いたピーター・バーグ監督とマーク・ウォルバーグが、今度は2013年ボストンマラソン爆弾テロ事件に挑む。リアリズムが重視された画面作りは同様でも、受ける印象は異なる。「バーニング・オーシャン」では人間の無力さ・傲慢さが凝視されていたのに対し、こちらは人間の強さ、愛の力が讃えられる。それゆえタイトルは『パトリオット・デイ』。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

疑わしき戦い

疑わしき戦い “In Dubious Battle”

監督・出演:ジェームズ・フランコ

出演:ナット・ウルフ、ヴィンセント・ドノフリオ、セレーナ・ゴメス、
   エド・ハリス、サム・シェパード、ジョシュ・ハッチャーソン、
   ザック・ブラフ、ロバート・デュヴァル、ブライアン・クランストン

評価:★★




 やたら出演俳優が豪華なのはジェームズ・フランコが慕われているからなのだろうか。それとも原作のジョン・スタインベックの名前が効いているのだろうか。次から次へと有名どころが顔を見せて賑やかなこと。ただし、その語りは酷く真面目だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ブラッド・ファーザー

ブラッド・ファーザー “Blood Father”

監督:ジャン=フランソワ・リシェ

出演:メル・ギブソン、エリン・モリアーティ、ディエゴ・ルナ、
   マイケル・パークス、ウィリアム・H・メイシー

評価:★★




 9年間の刑務所暮らしの後、トレーラーパークで酒とドラッグを断ち、タトゥーアーティストとして細々生計を立てている男。これが『ブラッド・ファーザー』でメル・ギブソンが演じる役柄だ。つまりセルフパロディの気配が漂う。ギブソンは今回、ダメオヤジの美学で武装する。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

バッドガイズ!!

バッドガイズ!! “War on Everyone”

監督:ジョン・マイケル・マクドノー

出演:アレクサンダー・スカルスガルド、マイケル・ペーニャ、
   テッサ・トンプソン、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、
   デヴィッド・ウィルモット、マルコム・バレット、ステファニー・シグマン、
   ポール・ライザー、テオ・ジェームズ

評価:★★★




 アレクサンダー・スカルスガルドとマイケル・ペーニャがアルバカーキの警官を演じる。ただし、正義漢ではない。冒頭で紹介されるパトロール場面では、逃走中のパントマイマーが見えない壁を作って無抵抗をアピールするのに、それに無視を決め込む暴走を見せる。可笑しい。うん、まあ確かに『バッドガイズ!!』だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

July 7-9 2017, Weekend

◆7月第1週公開映画BUZZ


スパイダーマン:ホームカミング  “Spider-Man: Homecoming”
 配給:コロンビア
 監督:ジョン・ワッツ
 Budget:$175,000,000
 Weekend Box Office:$117,027,503(4348) Great!
 OSCAR PLANET Score:83.8 BIG WAVE!!!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞
           主演男優賞:トム・ホランド
           助演男優賞:ロバート・ダウニー・ジュニア
           助演男優賞:マイケル・キートン
           助演女優賞:マリサ・トメイ
           助演女優賞:ゼンデイヤ
           撮影賞、編集賞美術賞視覚効果賞
           録音賞音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

20センチュリー・ウーマン

20センチュリー・ウーマン “20th Century Women”

監督:マイク・ミルズ

出演:アネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニング、
   ルーカス・ジェイド・ズマン、ビリー・クラダップ、アリア・ショウカット、
   ダレル・ブリット=ギブソン、テア・ギル、ローラ・ウィギンス

評価:★★★★




 これまでも個人史に親密な映画を撮り続けてきたマイク・ミルズらしく、『20センチュリー・ウーマン』では母と少年の姿が大々的に取り上げられる。1979年サンタバーバラを舞台にした人間模様。失敗を認めず、何でも分かっているという姿勢を崩さない母は、赤毛の写真家とハイティーンの少女という女ふたりを巻き込んで、15歳の息子を見守ることにする。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

LOGAN ローガン

LOGAN ローガン “Logan”

監督:ジェームズ・マンゴールド

出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ダフネ・キーン、
   ボイド・ホルブルック、リチャード・E・グラント、
   スティーヴン・マーチャント、エリザベス・ロドリゲス、エリック・ラ・サル

評価:★★★




 いきなりいつものウルヴァリンとは様子が違う。髪や髭には白いものが目立つし、顔や身体には疲れがあからさまに浮かんでいる。戦いが始まってもいつもの圧倒的強さは見られず、自然治癒能力も効きがよろしくないようだ。つまりウルヴァリンは老いたのだ。そして、そのため能力が衰えたのだ。ミュータントにそんな定めがあったとは…。ウルヴァリンが老眼鏡をかけるのは笑えるけど。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ゴールド 金塊の行方

ゴールド 金塊の行方 “Gold”

監督:スティーヴン・ギャガン

出演:マシュー・マコノヒー、エドガー・ラミレス、ブライス・ダラス・ハワード、
   コリー・ストール、トビー・ケベル、クレイグ・T・ネルソン、
   ステイシー・キーチ、ブルース・グリーンウッド

評価:★★★




 マシュー・マコノヒー、相変わらず役に入り込んでいる。「ダラス・バイヤーズクラブ」(13年)ではがりがりに痩せこけたマコノヒー。『ゴールド 金塊の行方』では出腹を披露、丸々肥え、おまけにハゲ散らかしている。最近ではあまりに耳にしない「脂ギッシュ」なんて言う俗語がこれほどハマる役もないだろう。俺はロマンを追い続けるとばかりに、最初から最後まで問答無用でくどい。褒めている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

光をくれた人

光をくれた人 “The Light Between Oceans”

監督:デレク・シアンフランス

出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、
   レイチェル・ワイズ、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン、
   カレン・ピストリアス、アンソニー・ヘイズ、エミリー・バークレイ、
   レオン・フォード、ギャリー・マクドナルド

評価:★★★




 第一次世界大戦後のオーストラリアのとある孤島で暮らす灯台守夫妻の物語だ。ある日、島に息絶えた男と元気な赤ん坊を乗せたボートが辿り着く。夫妻は赤ん坊を警察に届けることなく、自分たちの娘として育てることにする。これは罪ですか…?

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランニング・ワイルド

ランニング・ワイルド “Running Wild”

監督:アレックス・ラナヴェリオ

出演:ドリアン・ブラウン、ジェイソン・ルイス、トミー・フラナガン、
   シャロン・ストーン、トム・ウィリアムソン

評価:★★




 「最後の追跡」(15年)の兄弟は牧場を守るために銀行強盗に手を出したものの、もちろん大抵の同じ境遇の人はそんな選択をしない。『ランニング・ワイルド』のヒロインは囚人の更生プログラムに土地を貸し出すことにする。囚人に野生馬の調教の手伝いをさせるのだ。なかなか面白い試みではないか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

June 30-2 2017, Weekend

◆6月第5週公開映画BUZZ


怪盗グルーのミニオン大脱走 “Despicable Me 3”
 配給:ユニヴァーサル
 監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
 Budget:$75,000,000
 Weekend Box Office:$72,414,390(4529) Great!
 OSCAR PLANET Score:56.3
 Oscar Potential:アニメーション映画賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ウォー・マシーン 戦争は話術だ!

ウォー・マシーン 戦争は話術だ! “War Machine”

監督:デヴィッド・ミショッド

出演:ブラッド・ピット、アンソニー・ヘイズ、ジョン・マガロ、
   エモリー・コーエン、アンソニー・マイケル・ホール、
   トファー・グレイス、ウィル・ポールター、スクート・マクネイリー、
   ティルダ・スウィントン、ベン・キングスレー、ラッセル・クロウ

評価:★★




 まず最初に目が行くのは、ブラッド・ピットの役作りだろう。ピットが演じるのは、2009年のアフガニスタン、長引く戦争に方をつけるべく派遣される陸軍大将だ。実在の人物をモデルにした役柄とのことで、ひょっとすると本人に似せたのだろうか。強烈な訛りと声質。ペコちゃんのように舌を見せる受け口。左目に較べて小さくウインクしかかった右目。がに股。ダボダボの短パン。走る姿はゴリラ風だ。ピットは大いに喜劇を意識する。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ビジネス・ウォーズ

ビジネス・ウォーズ “Unfinished Business”

監督:ケン・スコット

出演:ヴィンス・ヴォーン、トム・ウィルキンソン、デイヴ・フランコ、
   シエナ・ミラー、ジェームズ・マースデン、ニック・フロスト、
   ジューン・ダイアン・ラファエル、エラ・アンダーソン

評価:★★




 簡単に言うなら、酔っ払いの出てこない「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(09年)だろうか。たった三人の社員からなる弱小企業が大型契約を取りつけられるか否か、大企業と争う様が、出張先のドイツで繰り広げられる。ただし、酔っぱらっていない分、引き起こす騒動がちんけだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パーソナル・ショッパー

パーソナル・ショッパー “Personal Shopper”

監督:オリヴィエ・アサヤス

出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガー、
   ジグリッド・ブアジズ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、
   タイ・オルウィン、ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン、
   バンジャマン・ビオレ、オドレイ・ボネ、パスカル・ランベール

評価:★★




 主人公は『パーソナル・ショッパー』。簡単に言うと、お買い物係だ。忙しいセレブリティに代わって洋服やドレス、ジュエリーの買い物を担当する。もちろん自分のセンスが物を言う。この職業は後々意味を持ってくるのだけれど、それよりもこれはゴースト映画の匂いが濃い。ただし、アート映画界におけるゴースト映画だ。まあ、オリヴィエ・アサヤスだしな。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ザ・ディスカバリー

ザ・ディスカバリー “The Discovery”

監督:チャーリー・マクドウェル

出演:ジェイソン・シーゲル、ルーニー・マーラ、
   ロバート・レッドフォード、ジェシー・プレモンス、ライリー・キーオ、
   ロン・カナダ、メアリー・スティーンバージェン

評価:★★




 「肉体が死んでも、意識は身体を抜け出し、新たな次元に向かう」。ロバート・レッドフォードが口にするセリフだ。『ザ・ディスカバリー』の舞台となる近未来では、死後の世界が科学的に立証されているのだ。その立証から2年、400万人が自殺したという。どれだけ多くの人が今の時代に絶望し、やり直したいと思っているか、ということだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ