ラブ・トライアングル 秘密

ラブ・トライアングル 秘密 “3 coeurs”

監督:ブノワ・ジャコー

出演:ブノワ・ポールヴールド、シャルロット・ゲンズブール、
   キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、
   アンドレ・マルコン、パトリック・ミル

評価:★★★




 小さな町で出会った大人の男と女が惹かれ合う。パリでの再会を約束するも、男は心臓に病気があり、それもあって約束の時間に間に合わない。後に再び対面したとき、それぞれには違うパートナーがいて…。…という「邂逅」(39年)的、或いは「めぐり逢い」(57年)的設定はメロドラマ風だ。実際、後半部はその要素がいよいよ強くなる。けれど、お値段安めな穴へと誘うそのトラップを何とか切り抜ける。ブノワ・ジャコーによるおフランスの意地。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 “Trumbo”

監督:ジェイ・ローチ

出演:ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、
   エル・ファニング、ジョン・グッドマン、ルイス・C・K、
   マイケル・スタルバーグ、ディーン・オゴーマン、アラン・テュディック

評価:★★★




 赤狩りと言うと、1999年、エリア・カザンがオスカー名誉賞を受け取ったときの会場の異様な空気をどうしても思い出す。知識として得ていた歴史の影を立体的に突きつけられたようで。『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』からはあのときのような複雑怪奇な匂いは感じられない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

お知らせ

FILM PLANET blogは8月31日の更新をお休みします。

翌日9月1日より通常更新に戻ります。

どうぞよろしくお願いします。





続きを読む

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー “Finding Dory”

監督:アンドリュー・スタントン
熱帯魚 水族館 プール 水槽
声の出演:エレン・デジェネレス、ヘイデン・ロレンス、
   アルバート・ブルックス、エド・オニール、ケイトリン・オルソン、
   タイ・バーレル、イドリス・エルバ、ドミニク・ウエスト、
   ボブ・ピーターソン、ダイアン・キートン、ユージーン・レヴィ、
   シガーニー・ウィーヴァー、ウィレム・デフォー、スローン・マーリー
アシカの曲芸 トラック 引っ越し
評価:★★★




 「ファインディング・ニモ」(03年)から13年。こんなにも間を開けて続編が作られたこと以上に驚くのは、既に完成されていたと思われたアニメーションによる表現で、さらに上を行くものを提示する点だ。水の中をこんなにも生き生きと描くピクサー。潮の流れのスピード感。少し汚れた色合い。どこまでも透き通り、それゆえの静寂も丁寧に捕まえてみせる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

マッド・ドライヴ

マッド・ドライヴ “Kill Your Friends”

監督:オーウェン・ハリス

出演:ニコラス・ホルト、トム・ライリー、ジョージア・キング、
   クレイグ・ロバーツ、ジム・ピドック、ジョセフ・マウル、
   エド・スクライン、エド・ホッグ、ジェームズ・コーデン、
   ロザンナ・アークェット、モーリッツ・ブライブトロイ

評価:★★




 ニコラス・ホルト演じる主人公は、とあるレコード会社でA&Rという職業に就いている。A&Rは「Artist and Repertoire」の略で、歌手やバンドの発掘や契約、そして育成が主な仕事だ。音楽を売ることを仕事にしているシーンにおいて、極めて重要なポジションと言って良い。『マッド・ドライヴ』はA&Rの業務内容にまつわる苦悩を描き出し…はしない。そこに身を置く主人公の狂った精神世界を浮上させることに専念する。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

August 19-21 2016, Weekend

◆8月第3週公開映画BUZZ


ベン・ハー “Ben-Hur”
 配給:パラマウント
 監督:ティムール・ベクマンベトフ
 Budget:$100,000,000
 Weekend Box Office:$11,203,815(3084) zzz...
 OSCAR PLANET Score:37.1
 Oscar Potential:撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           録音賞、音響効果賞、作曲賞
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:ジャック・ヒューストン
           助演男優賞:モーガン・フリーマン
           助演男優賞:トビー・ケベル

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた “Sing Street”

監督:ジョン・カーニー

出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボーイントン、
   ジャック・レイナー、マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン、
   ケリー・ソーントン、ベン・キャロラン、マーク・マッケンナ

評価:★★★




 今音楽映画を撮らせたら世界一かもしれないジョン・カーニー。『シング・ストリート 未来へのうた』がこれまでと違うのは、主人公と周辺人物が、やっと毛が生え揃うかどうかという15歳の少年とその愉快な仲間たちだということだ。もしかしたらカーニーの自伝的要素が強いのかもしれない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

死霊館 エンフィールド事件

死霊館 エンフィールド事件 “The Conjuring 2”

監督:ジェームズ・ワン

出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オコナー、
   マディソン・ウルフ、サイモン・マクバーニー、フランカ・ポテンテ、
   ローレン・エスポジト、パトリック・マコーリー、ベンジャミン・ヘイ

評価:★★★




 何が驚くって、作品に漂う風格に驚く。一言で言ってしまえばお化け屋敷ホラー。B級映画好きにアピールするチープで愛嬌のある装飾をどれだけ施すことができるか。この手の映画はそれにかかっているものだろうに、何と言うか、大人の映画ファンにこそ見て欲しいと思わせる、堂々たる佇まいだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

インデペンデンス・デイ:リサージェンス “Independence Day: Resurgence”

監督:ローランド・エメリッヒ

出演:リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンロー、
   ジェシー・アッシャー、トラヴィス・トープ、シャルロット・ゲンズブール、
   ビル・プルマン、ウィリアム・フィシュナー、ジャド・ハーシュ、
   ブレント・スピナー、ヴィヴィカ・A・フォックス、アンジェラベイビー

評価:★




 ウィル・スミスが素手でエイリアンをやっつける場面しか良いところがなかった「インデペンデンス・デイ」(96年)。それを意識したのか、20年ぶりの続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』でもリアム・ヘムズワースがエイリアンに拳を食らわす場面がある。けれど、まるで心躍らない。拳が全然効かなかったため…ではもちろんない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

August 12-14 2016, Weekend

◆8月第2週公開映画BUZZ


“Florence Foster Jenkins”
 配給:パラマウント
 監督:スティーヴン・フリアーズ
 Budget:$29,000,000
 Weekend Box Office:$6,601,313(1528)
 OSCAR PLANET Score:80.2 BIG WAVE!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演女優賞:メリル・ストリープ
           助演男優賞:ヒュー・グラント
           撮影賞、編集賞、美術賞衣装デザイン賞
           メイキャップ&ヘアスタイリング賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

お知らせ

FILM PLANET blogは今週お休みします。夏休みです。

ただし、木曜日のQuick BUZZのみ更新します。

更新の再開は8月22日からになります。

どうぞよろしくお願いします。





続きを読む

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

あるふたりの情事、28の部屋

あるふたりの情事、28の部屋 “28 Hotel Rooms”

監督:マット・ロス

出演:クリス・メッシーナ、マリン・アイルランド

評価:★★★




 男はニューヨーク在住の新進作家。女はシアトル在住の計理士。とあるホテルのレストラン、男によるナンパをきっかけに、ふたりは互いを求め合うようになる。男には恋人がいて、女には夫がいる。つまり彼らの関係は不倫だ。『あるふたりの情事、28の部屋』はどこにでも転がっていて、もはや珍しくも何ともない関係を綴る。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ブルックリン

ブルックリン “Brooklyn”

監督:ジョン・クローリー

出演:シアーシャ・ローナン、エモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、
   ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ、ブリッド・ブレナン、
   フィオナ・グラスコット、ジェシカ・パレ、アイリーン・オヒギンズ

評価:★★★★




 シアーシャ・ローナンに尽きる映画だ。ニック・ホーンビィはローナンを念頭に置いて脚本を書いたとしか思えないし、ジョン・クローリーはローナンの魅力を最大限引き出す構図や色彩を設計したに違いない。1950年代、ローナン演じるエイリシュが海を渡り、遂にニューヨークへ辿り着く場面。入国審査のために化粧をしたローナンに胸を撃ち抜かれ、そのまま目が離せなくなる人は多いだろう。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

August 5-7 2016, Weekend

◆8月第1週公開映画BUZZ


スーサイド・スクワッド “Suicide Squad”
 配給:ワーナー・ブラザース
 監督:デヴィッド・エアー
 Budget:$175,000,000
 Weekend Box Office:$133,682,248(4255) Great!
 OSCAR PLANET Score:36.7
 Oscar Potential:助演女優賞:マーゴット・ロビー
           美術賞、衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           視覚効果賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞
 Razzie Potential:作品賞監督賞脚本賞
           主演男優賞:ウィル・スミス
           助演男優賞:ジャレッド・レト
           助演女優賞:マーゴット・ロビー

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

疑惑のチャンピオン

疑惑のチャンピオン “The Program”

監督:スティーヴン・フリアーズ

出演:ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギョーム・カネ、
   ジェシー・プレモンス、リー・ペイス、ドゥニ・メノーシュ、
   ダスティン・ホフマン、エドワード・ホッグ、エレイン・キャシディ

評価:★★




 自転車のプロロードレース選手、ランス・アームストロングの映画企画が始まったのは、いつのことだったか。25歳のときに精巣腫瘍に侵され脳にまで転移しながら、そこから見事復活。1999年から2005年までツール・ド・フランスで7連覇を達成した彼は、紛れもなくヒーローだった。ハリウッドは運と実力に愛され、類稀なる選手人生を歩んだ彼を欲した。ところが…。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅 “Alice Through the Looking Glass”

監督:ジェームズ・ボビン

出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、
   ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、
   リス・エヴァンス、マット・ルーカス、リンゼイ・ダンカン、レオ・ビル、
   ジェラルディン・ジェームズ、アンドリュー・スコット、
   リチャード・アーミテイジ、エド・スペリーアス

声の出演:アラン・リックマン、スティーヴン・フライ、マイケル・シーン、
   ティモシー・スポール、ポール・ホワイトハウス、
   バーバラ・ウィンザー、マット・ヴォーゲル

評価:★★




 「アリス・イン・ワンダーランド」(10年)の続編『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』で、ティム・バートンはジェームズ・ボビンに監督の座を譲っている。結構なことだ。一作目はバートンの才能の枯渇を決定づけるだけだったからだ(その後、「ビッグ・アイズ」で若干復活)。ところが、指揮がボビンに譲られても、受ける印象はちっとも変わらない。物語だって新しいものが用意されているのに、何故。バッグにディズニーがいるからか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ノック・ノック

ノック・ノック “Knock Knock”

監督:イーライ・ロス

出演:キアヌ・リーヴス、ロレンツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマス、
   アーロン・バーンズ、イグナシア・アラマンド、コリーン・キャンプ

評価:★




 何よりも先に驚くのは、キアヌ・リーヴスが家庭という枠組に僅か程にもハマらないという事実だ。ロサンゼルス郊外の邸宅で、良き夫、良き父として暮らす主人公。妻と同じベッドで眠り、道化役に徹して子どもたちと遊びに興じる様。たったこれだけが死ぬほど似合わないとは…。不器用さゆえ、という理由だけではないだろう。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

あるメイドの密かな欲望

あるメイドの密かな欲望 “Journal d'une femme de chambre”

監督:ブノワ・ジャコー

出演:レア・セドゥー、ヴァンサン・ランドン、クロティルド・モレ、
   エルヴェ・ピエール、メロディ・バランベルク、パトリック・ダスンサオ

評価:★★★




 『あるメイドの密かな欲望』はオクターヴ・ミルボーの「小間使いの日記」の何度目かの映画化だ。これまでポーレット・ゴダードやジャンヌ・モローが演じてきたヒロインに扮するのはレア・セドゥー。もちろん最も重要なポイントだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パパ VS 新しいパパ

パパ VS 新しいパパ “Daddy's Home”

監督:ショーン・アンダース

出演:ウィル・フェレル、マーク・ウォルバーグ、
   リンダ・カーデリーニ、スカーレット・エステヴェス、
   オーウェン・ワイルダー・ヴァカーロ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、
   ボビー・カナヴェイル、ハンニバル・バレス

評価:★★




 「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」(10年)で抜群のケミストリーを見せたウィル・フェレルとマーク・ウォルバーグが再び顔を合わせる。ただし、その続編ではない。いちばんの違いはファミリー向けコメディになっていることだ。繰り出されるギャグは随分マイルドだ。生温くなったと言い換えても良い。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

July 29-31 2016, Weekend

◆7月第5週公開映画BUZZ


ジェイソン・ボーン “Jason Bourne”
 配給:ユニヴァーサル
 監督:ポール・グリーングラス
 Budget:$120,000,000
 Weekend Box Office:$59,215,365(4026) Great!
 OSCAR PLANET Score:58.3
 Oscar Potential:主演男優賞:マット・デイモン
           助演男優賞:ヴァンサン・カッセル
           助演男優賞:トミー・リー・ジョーンズ
           助演女優賞:ジュリア・スタイルズ
           助演女優賞:アリシア・ヴィキャンデル
           撮影賞、編集賞、視覚効果賞、録音賞音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

WE ARE YOUR FRIENDS/ウィー・アー・ユア・フレンズ

WE ARE YOUR FRIENDS/ウィー・アー・ユア・フレンズ “We Are Your Friends”

監督:マック・ジョセフ

出演:ザック・エフロン、ウェス・ベントレー、エミリー・ラタコウスキー、
   ジョニー・ウエストン、シャイロー・フェルナンデス、
   アレックス・シェイファー、ジョン・バーンサル、アリシア・コッポラ

評価:★★★




 EDMとはElectronic Dance Musicの略。ヒットチャートには、このジャンルに入れることのできる音楽の大盤振る舞い。トップDJともなれば、そこいらのロックシンガーなんかよりもティーンの憧れ的存在だ。アヴィーチー、スクリレックス、リッキー・ロメロ、デヴィッド・ゲッタ、ゼッド、アフロジャック、ダブズ、カルヴィン・ハリス…どうだ、マイッたか。『WE ARE YOUR FRIENDS/ウィー・アー・ユア・フレンズ』の主人公がEDMで頂点を目指すのも無理はない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ダーク・プレイス

ダーク・プレイス “Dark Places”

監督:ジル・パケ=ブランネール

出演:シャーリズ・セロン、ニコラス・ホルト、コリー・ストール、
   タイ・シェリダン、クロエ・グレース・モレッツ、
   クリスティナ・ヘンドリックス、スターリング・ジェリンズ、アンドレア・ロス

評価:★★




 ヒロインが28年間を刑務所で過ごす兄に面会に行く場面。兄は妹に言う。「お前も牢獄にいる」。幼少時に母とふたりの姉を兄に殺されるという事件が発生。それに囚われて生きてきたヒロインは、確かにそう言われても仕方がないところがある。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トリプル9 裏切りのコード

トリプル9 裏切りのコード “Triple 9”

監督:ジョン・ヒルコート

出演:ケイシー・アフレック、キウェテル・イジョフォー、
   アンソニー・マッキー、アーロン・ポール、ケイト・ウィンスレット、
   クリフトン・コリンズ・ジュニア、ノーマン・リーダス、
   テレサ・パルマー、マイケル・K・ウィリアムス、
   ガル・ギャドット、ウッディ・ハレルソン

評価:★★




 最初の強盗場面、狙い通り計画を遂行し、後は逃げるだけ。…という段階で仲間のひとりが車内で赤い発煙筒を点火させてしまう。耐えられず車から出てくる面々は、強盗らしくマスクを装着していたものだから、それが赤く染まって皆、ほとんどスパイダーマン。何て間抜けな画なのだ。可笑しい。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ