モール・コップ ラスベガスも俺が守る!

モール・コップ ラスベガスも俺が守る! “Paul Blart: Mall Cop 2”

監督:アンディ・フィックマン

出演:ケヴィン・ジェームズ、レイニ・ロドリゲス、ニール・マクドノー、
   シャーリー・ナイト、エドゥアルド・ヴェラステーギ、
   ダニエラ・アロンソ、デヴィッド・ヘンリー、D・B・ウッドサイド

評価:★★




 ふと腑に落ちた。ケヴィン・ジェームズは「最後の恋のはじめ方」(05年)の例を挙げるまでもなく、踊れるデブだ。ジェームズが乗るセグウェイは、ダンスの代わりなのだ。デブの弾力とマシーンの硬質性が溶け合って、見た目にユニークな印象を残す。なるほど、納得。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ “Wild”

監督:ジャン=マルク・ヴァリー

出演:リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、
   ミキール・ハースマン、ギャビー・ホフマン、キーン・マクレイ、
   ケヴィン・マクレイ、ケヴィン・ランキン、W・アール・ブラウン

評価:★★★




 リース・ウィザースプーン演じるヒロインはパシフィック・クレスト・トレイル(PCT)に挑む。メキシコからカナダまで、岩山や砂漠、雪原を通り抜け、三カ月かけて歩くのだという。どうやら彼女は過去に何かあったらしい。新しい自分探しの旅なのではないかと危惧するものの、この旅にはファッションと同義語になったそれの匂いはない。ヒロインの何かに対する強烈な飢えが見える。斯くして彼女が崖から靴を落としてしまう冒頭、物語一発目のセリフが「Fuck you, bitch!」になる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

テッド2

テッド2 “Ted 2”

監督・声の出演:セス・マクファーレン

出演:マーク・ウォルバーグ、アマンダ・セイフライド、ジェシカ・バース、
   ジョヴァンニ・リビージ、ジョン・スラッテリー、モーガン・フリーマン、
   トム・ブレイディ、デニス・ヘイスバート、リーアム・ニーソン、
   パトリック・スチュワート、ティファニー、ジミー・キンメル、ジェイ・レノ

評価:★★★




 テッドの見せ場はいきなり訪れる。オープニングのミュージカル場面がそれだ。結婚式を挙げたテッドが、突然歌い踊り始める。バックに数十人ものダンサーを従えて画面狭しとパフォーマンス。金と労力がかけられていることは一目瞭然。世界一可愛くて、世界一オッサンなミュージカルスターの誕生だ。『テッド2』、何ならこのままミュージカル映画にしても良かったのに。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

September 18-20 2015, Weekend

◆9月第3週公開映画BUZZ


“Sicario”
 配給:ライオンズゲイト
 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 Budget:$32,000,000
 Weekend Box Office:$401,288(6) Great!
 OSCAR PLANET Score:84.0 BIG WAVE!
 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚本賞
           主演女優賞:エミリー・ブラント
           助演男優賞:ジョシュ・ブローリン
           助演男優賞:ベニチオ・デル・トロ
           撮影賞、編集賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞
           録音賞、音響効果賞、作曲賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

お知らせ

FILM PLANET blogは今週お休みします。

シルヴァーウィーク休暇です(あぁ、この言葉を使ってしまった…)。

ただし、木曜日のQuick BUZZのみ更新します。

更新の再開は9月28日からになります。

どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

テーマ : ◇つぶやき◇
ジャンル : ライフ

ベルファスト71

ベルファスト71 “'71”

監督:ヤン・ドマンジュ

出演:ジャック・オコンネル、ポール・アンダーソン、リチャード・ドーマー、
   ショーン・ハリス、マーティン・マッキャン、チャーリー・マーフィ、
   サム・リード、キリアン・スコット、デヴィッド・ウィルモット

評価:★★★




 果たして、新米の英国軍兵士は生きて脱出できるだろうか。まずこれが、シンプルなサスペンスとして物語を一突きしている。脱出劇が映画と相性が良いことは、脱獄映画の例を挙げるまでもなく明らかだ。ただ、兵士の生き残りを賭けた脱出に、多くの脱出劇に具わる爽快感を求めるのは無理だ。舞台は1971年、北アイルランド。『ベルファスト71』は戦争映画と呼ぶのが相応しい。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ナイトクローラー

ナイトクローラー “Nightcrawler”

監督:ダン・ギルロイ

出演:ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、
   リズ・アーメド、ビル・パクストン

評価:★★★★




 ジェイク・ギレンホール演じるルー・ブルームはとある夜、交通事故の現場でカメラクルーに出会う。彼らは事故や犯罪現場に駆けつけ、スクープ映像を撮ることを生業にしている。ブルームはそれを目指す。『ナイトクローラー』という呼び名が言い得て妙。夜に這いつくばる者、か。映画はナイトクローラーの生態を観察する。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

September 11-13 2015, Weekend

◆9月第2週公開映画BUZZ


ヴィジット “The Visit”
 配給:ユニヴァーサル
 監督:M・ナイト・シャマラン
 Budget:$5,000,000
 Weekend Box Office:$25,427,560(3069) Great!
 OSCAR PLANET Score:62.0
 Oscar Potential:録音賞、音響効果賞

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ブラック・シー

ブラック・シー “Black Sea”

監督:ケヴィン・マクドナルド

出演:ジュード・ロウ、スクート・マクネイリー、ボビー・スコフィールド、
   ベン・メンデルソーン、デヴィッド・スレルフォール、
   コンスタンティン・ハベンスキー、セルゲイ・プスケパリス、
   マイケル・スマイリー、グレゴリー・ドブリギン、
   セルゲイ・ヴェクセル、セルゲイ・コレスニコフ、ジョディ・ウィテカー、
   トビアス・メンジーズ、カール・デイヴィス、ダニエル・ライアン

評価:★★★




 ある男のセリフ。「潜水艦と娼婦は同じだ。年季が入っている方が良い」。本当にこんなことを言うのか否かは別にして、『ブラック・シー』の乗組員は大きな不安を抱えて艦に乗り込んだことだろう。彼らに用意された艦は古い。いや、古いだけでなくガタが来ている。廃棄寸前の艦、それが男たちの運命を乗せて海深く潜る。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パーフェクト・メモリー

パーフェクト・メモリー “Amnesiac”

監督:マイケル・ポーリッシュ

出演:ケイト・ボスワース、ウェス・ベントレー、
   オリヴィア・ローズ・キーガン、シャショウニー・ホール、
   リチャード・リール、パトリック・ボーショー

評価:★




 ケイト・ボスワース演じる妻が可笑しい。ウェイヴのかかったブロンドと育ちの良さを悟らせる上品な装い。言葉遣いはゆっくりと静かで、物腰も穏やかだ。光と影が大いに意識され、紗がかかったようなレトロステペクティヴな画面は、彼女を美しく撮るためにある。けれど、怖い。綺麗だけれど、怖い。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

彼は秘密の女ともだち

彼は秘密の女ともだち “Une nouvelle amie”

監督:フランソワ・オゾン

出演:ロマン・デュリス、アナイス・ドゥムースティエ、
   ラファエル・ペルソナーズ、イジルド・ル・ベスコ、
   オーロール・クレマン、ジャン=クロード・ボル=レダ

評価:★★




 男は二種類に分けられる。女装が似合う男と似合わない男だ。ロマン・デュリスは後者だろう。ダニエル・デイ=ルイス的(或いはフランケンシュタインの怪物的)額の主張と長嶋茂雄張りに濃いヒゲが…どう考えてもキツい。それなのに、あぁ、『彼は秘密の女ともだち』でデュリスは女装趣味の男に挑む。ギャスパー・ウリエルあたりに任せておいてよ!

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター “Big Game”

監督:ヤルマリ・ヘランダー

出演:サミュエル・L・ジャクソン、オンニ・トンミラ、
   レイ・スティーヴンソン、ヴィクター・ガーバー、
   マフメット・クルトゥルス、テッド・レヴィン、
   ヨルマ・トンミラ、リスト・サルミ、
   フェリシティ・ハフマン、ジム・ブロードベント

評価:★★★




 低予算映画が大作を装うと、その影響はまず、美術に表れる。大自然の中で撮影しているように見せかけてもセットだとモロバレだ。室内装置の安さが露わになることも多い。『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』でも室内を外の世界に見せる場面が目立つ。ホワイトハウス内の美術も実に寂しい。けれど、これがさほどマイナスにならない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

グランド・ジョー

グランド・ジョー “Joe”

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン

出演:ニコラス・ケイジ、タイ・シェリダン、ゲイリー・プールター、
   ロニー・ジーン・ブレヴィンズ、エイドリアン・ミシュラー

評価:★★★




 タイ・シェリダンが出ているせいもあるのだろう。プロットだけ取り出すと、「MUD マッド」(13年)を連想する。身も心もまだ安定しない少年が、これまで知らなかったタイプの大人の男と知り合いになり、静かなる成長を遂げる。確かにプロットは似ている。けれど、『グランド・ジョー』は「MUD マッド」よりも暗く深刻な匂いを漂わせる。狙いを定めた先にあるのはズバリ、暴力だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

September 4-6 2015, Weekend

◆9月第1週公開映画BUZZ


“A Walk in the Woods”
 配給:ブロードグリーン
 監督:ケン・クワピス
 Budget:$8,000,000
 Weekend Box Office:$8,246,267(1960)
 OSCAR PLANET Score:53.6
 Oscar Potential:主演男優賞:ロバート・レッドフォード
           助演男優賞:ニック・ノルティ
           助演女優賞:メアリー・スティーンバージェン
           助演女優賞:エマ・トンプソン

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ミッシング・デイ

ミッシング・デイ “Reclaim”

監督:アラン・ホワイト

出演:ジョン・キューザック、ライアン・フィリップ、レイチェル・レフィヴレ、
   ジャッキー・ウィーヴァー、ブリアナ・ロイ、ヴェロニカ・フェイ・フー、
   ルイス・ガスマン、ジャンドレス・バーゴス

評価:★★




 世界では年間120万人もの人身売買が行われているのだという。ここではその一件に加え、子どもに恵まれない善良な人の心につけ込んだ詐欺も描かれる。リクレイムと言うらしい。『ミッシング・デイ』はその実態を暴き、世界へ警鐘を鳴らす。…などという志の高い映画ではない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ウォーリアー

ウォーリアー “Warrior”

監督:ギャヴィン・オコナー

出演:ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティ、
   ジェニファー・モリソン、フランク・グリロ、ケヴィン・ダン、
   マキシミリアーノ・ヘルナンデス、ブライアン・カレン

評価:★★★★




 誰よりも強くありたい。男ならば考えることがあるだろう。肉体的な強さはもちろん、精神的な強さが物を言う。それを描くための舞台として格闘技の世界が選ばれるのは必然の流れ。映画ならばボクシングが最もポピュラー。プロレスやレスリングも目につくか。『ウォーリアー』ではスパルタという名の総合格闘技が選ばれる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール “God Help the Girl”

監督:スチュアート・マードック

出演:エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、
   ハンナ・マリー、ピエール・ブーランジェ

評価:★★★




 スコットランド、グラスゴーの田舎町に、いかにも(少し前の)サブカルチャー好きの人々に愛されそうなアイテムが溢れる。少女は可愛らしい服を取っ替え引っ替え。透明で軽やかな音楽が次から次へ。映像は綺麗で、ちゃんと物語も存在する。『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』は画そのものに吸引力がある。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ベアリー・リーサル

ベアリー・リーサル “Barely Lethal”

監督:カイル・ニューマン

出演:ヘイリー・スタインフェルド、トーマス・マン、ダヴ・キャメロン、
   ソフィー・ターナー、トビー・セバスチャン、ガブリエル・バッソ、
   ダン・フォグラー、ロブ・ヒューベル、トム・ビショップス、
   ジェイミー・キング、ジェシカ・アルバ、サミュエル・L・ジャクソン

評価:★★




 孤児の少女が、幼い頃から政府の暗殺者養成学校で訓練される。秀でた才能を持ち、結果も残し、期待の星だった彼女が死を偽造。交換留学生としてある家庭で暮らし、学校にも通うことになる。ここまでのスケッチが快調だ。シリアステイストに見せかけて、『ベアリー・リーサル』はコメディ。それも青春要素がたっぷり絡む。「ニキータ」(90年)路線でも「レオン」(94年)路線でもない。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ボヴァリー夫人とパン屋

ボヴァリー夫人とパン屋 “Gemma Bovery”

監督:アンヌ・フォンテーヌ

出演:ファブリス・ルキーニ、ジェマ・アータートン、ジェイソン・フレミング、
   イザベル・カンディエ、ニールス・シュナイダー、メル・レイド、
   ピップ・トレンス、ケイシー・モッテ・クライン、エディット・スコブ、
   パルカル・アルビロ、エルザ・ジルベルスタイン

評価:★★




 おフランスのノルマンディー地方、田園が広がる田舎にあるパン屋のオヤジは大の「ボヴァリー夫人」好きだ。その隣家に英国人夫婦が引っ越してくる。彼らのラストネームがボヴァリーだったことで、オヤジは若妻の方が気になって仕方なくなる。危険だ。『ボヴァリー夫人とパン屋』は話の取っ掛かりからして気持ち悪い。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

August 28-30 2015, Weekend

◆8月第4週公開映画BUZZ


クーデター “No Escape”
 配給:ワインスタイン・カンパニー
 監督:ジョン・エリック・ドゥードル
 Budget:$5,000,000
 Weekend Box Office:$8,111,264(3355)
 OSCAR PLANET Score:43.0
 Razzie Potential:主演男優賞:オーウェン・ウィルソン
           助演男優賞:ピアース・ブロスナン

続きを読む

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション “Mission: Impossible - Rogue Nation”

監督:クリストファー・マックァリー

出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、
   レベッカ・ファーガソン、ヴィング・ライムス、ショーン・ハリス、
   アレック・ボールドウィン、サイモン・マクバーニー

評価:★★★




 一作目(96年)でいきなりあの人物を真犯人に置いてしまい、今後シリーズはどうなってしまうのかと思われたのが懐かしい。あれから20年近く経ち、新しくIMFの顔となったイーサン・ハントはしかし、依然元気溌剌。その体技の跳躍は留まるところを知らない。保険会社が白目を剥くだろう危険なアクションの波状攻撃。トム・クルーズ、アッパレ。さすが最後のハリウッド王道スターだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド “Jurassic World”

監督:コリン・トレヴォロウ

出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、
   タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、オマール・シー、
   B・D・ウォン、イルファン・カーン、ジェイク・ジョンソン、
   ジュディ・グリア、ジミー・ファロン

評価:★★★




 実に14年ぶりとなるシリーズ第四作『ジュラシック・ワールド』の主役恐竜はインドミナス・レックスと言う。聞き慣れない名前だ。それもそのはずインドミナスは、科学者たちが遺伝子配合により作り上げた史上最強の恐竜なのだ。全く、余計なことをしてくれる。まさかこの期に及んで遺伝子操作云々への警鐘を鳴らす映画なのではないか。不安が過ぎる。大体、史上最強の称号はティラノサウルスが掲げていれば良いのだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ