おとなの恋には嘘がある

おとなの恋には嘘がある “Enough Said”

監督:ニコール・ホロフセナー

出演:ジュリア・ルイス=ドレイファス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、
   キャサリン・キーナー、トニ・コレット、ベン・ファルコーン、
   イヴ・ヒューソン、トレイシー・フェアラウェイ、ダヴィ・ケヴィンソン

評価:★★★




 ジェームズ・ガンドルフィーニと言ったら「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」(99~07年)のイメージが強い。巨体で悪人顔。けれど彼は器用な役者で、役柄次第でデフォルトの強面を優しくも頼りなくも見せられる。『おとなの恋には嘘がある』ではどこにでもいそうな離婚男役だ。一見怖そうでも、所作が大雑把でも、その繊細さは隠せない。

 そんなわけで彼は恋愛相手の女性に、陰でこんなことを言われる。「ハンサムじゃないから最初は惹かれなかったけれど、今はセクシーだと思うわ」。これを納得させてしまうのがガンドルフィーニで、彼とナイスカップルなのが決して万人受けする美人ではないジュリア・ルイス=ドレイファスというのが嬉しいところだ。ルイス=ドレイファスは「となりのサインフェルド」(89~98年)で有名。そう、この映画、テレビ界の二大スター(と言うとやや語弊があるか)の共演が、ニコール・ホロフセナーの監督・脚本という点と共にポイントだ。

 初めてのデート場面が良い。わいわいがやがや煩いレストラン。BGMが大きめで、相手の声がよく聞こえない。そこで交わされるウィットに富んだセリフの応酬はホロフセナーならではの軽妙さ。(下ネタもさらりと処理される)。会計前、女がBGMの大きさをジョークにしながら今日は楽しかったと礼を言うと、男が声がよく聞こえないから楽しかったんだと返すあたり、なるほど大人の会話劇だ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式

ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式 “Drinking Buddies”

監督:ジョー・スワンバーグ

出演:オリヴィア・ワイルド、ジェイク・ジョンソン、アンナ・ケンドリック、
   ロン・リヴィングストン、タイ・ウエスト、ジェイソン・サダイキス、
   マイク・ブルーン、フランク・V・ロス、
   マイケル・ガートナー、クリステン・デイヴィス

評価:★★★




 男と女の間に友情は成立するか。これまで散々語られてきたテーマでも、斬り口次第でユニークな物語ができあがることを『ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式』は証明する。同性の友人よりも気の合う男と女が、それぞれの恋人を交えて互いを意識する。特別ドラマティックなイヴェントがなくても、心は小刻みに揺れる。映画の中だけのことではない。我々のすぐ傍に転がっているそれに良く似ている。

 主人公のオリヴィア・ワイルドとジェイク・ジョンソンは最初からとにかく仲が良い。ビール会社に勤めるふたりは、昼食を一緒に摂り、仕事が終わってからもビリヤードに興じながらビールを飲んで、その日を振り返る。特に気になるのがふたりの話す距離が近いことで、恋人同士でもその距離感はないだろう。だから最初、このふたりを描くのは難しいのではないかと思う。もう恋人同士も同然ではないか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プリズナーズ

プリズナーズ “Prisoners”

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス、
   マリア・ベロ、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、ポール・ダノ、
   ディラン・ミネット、ゾーイ・ソウル、エリン・ゲラシモヴィッチ、
   ウェイン・デュヴァル、レン・キャリオー、デヴィッド・ダストマルチャン

評価:★★




 少女ふたりが誘拐される。果たして無事帰ってくるだろうか。…という極めてシンプルで地味に聞こえるプロットの映画に実力派が集まっている。人間社会の、とりわけアメリカの闇を取り上げた作品として意味があるものだと考えた映画人が多かったのだろう。加えて監督は「灼熱の魂」(10年)で強烈な印象を残したドゥニ・ヴィルヌーヴ。安易なスリラーにはなりそうもない。

 予感は的中する。ヴィルヌーヴは少女たちの命の行方を気にかけながら、この世に生を受けた人間という生き物が抱える“業”ような、言葉にし難い何かを浮上させることに腐心する。だから登場人物が一通り紹介されると、なかなか事件は動き出さない。それよりも事件に直面した人々の、息遣いの微妙な差が炙り出される。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

キル・ユア・ダーリン

キル・ユア・ダーリン “Kill Your Darlings”

監督:ジョン・クロキダス

出演:ダニエル・ラドクリフ、デイン・デハーン、マイケル・C・ホール、
   ジャック・ヒューストン、ベン・フォスター、デヴィッド・クロス、
   ジェニファー・ジェイソン・リー、エリザベス・オルセン、
   ジョン・カラム、カイラ・セジウィック

評価:★★




 ビート・ジェネレーションを描いた映画が作られ続けている。よほど映画作家たちの創作意欲をかき立てるらしい。確かに面子が派手だ。ジャック・ケルアック、ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグが三大スターか。小説や詩により今なお、文学界に影響を与え続ける彼らの人生は、その作品並に興味を惹かれるところがある。

 『キル・ユア・ダーリン』はその中でもギンズバーグと、詩人としての彼をインスパイアしたルシアン・カーを中心に描く物語だ。ケルアックもバロウズも出てくる。…となると会話が凝ったものになるのも当然で、「パーティに行きたがるのは社交性に欠ける連中だ」「しらふのくせに“幸せ”だなんていう奴らは、ケツの穴がシワだらけのとんでもない嘘つき野郎だ」なんてセリフがぽんぽん飛び出す。それこそ情感豊かな詩の味わいに通じる。

 ギンズバーグがコロンビア大学に入学した当初の、彼の周りに後の有名作家たちが集まる件はとりわけ愉快だ。才能が才能を呼び寄せ合う感じが良く出ている。言葉に対する彼らの興味が、言葉を武器にぶつかり合う感じ。何か新しいものが生まれる瞬間を目撃しているような興奮。当時の空気も彼らにぴったりだ。学生のファッションも街角の匂いもバーの妖しさも…。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日 “This Is the End”

監督・出演:セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ

出演:ジェームズ・フランコ、ジョナ・ヒル、ジェイ・バルチェル、
   ダニー・マクブライド、クレイグ・ロビンソン、マイケル・セラ、
   エマ・ワトソン、ミンディ・カリング、デヴィッド・クラムホルツ、
   クリストファー・ミンツ=プラッセ、リアーナ、マーティン・スター、
   ポール・ラッド、チャニング・テイタム、ケヴィン・ハート、
   アジズ・アンサリ、ジェイソン・シーゲル、バックストリート・ボーイズ

評価:★★★




 英国が「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(13年)なら、米国は『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』だ!…というわけでもないのだろうけれど、どこか似ている二作品。どちらも宇宙人襲来をコメディ仕立てにしているものの、笑いの質が全く違う。共に毒入りの笑いでも、英国のそれには皮肉の匂いが濃い。米国は皮肉よりも陽気さが勝つ。湿度や気温等気候の影響が大きいのかもしれない。ロサンゼルスが舞台なのだから、これで良い。

 設定からしてバカげていて、楽しい。ある新築の豪邸でパーティが開かれた夜、突如宇宙からの襲来に遭い、生き残った仲間たちが邸に籠城する羽目に。彼らは生き残ることができるだろうか。…というプロットこそ普通のSF。しかし、コメディ映画で知られる俳優たちが演じるのは、自分自身だ。セス・ローゲンはセス・ローゲンを、ジェイ・バルチェルはジェイ・バルチェルを演じる。本当の彼らを覗き見ている気分を誘う。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

とらわれて夏

とらわれて夏 “Labor Day”

監督:ジェイソン・ライトマン

出演:ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、
   トビー・マグワイア、トム・リピンスキー、クラーク・グレッグ、
   ブリード・フレミング、マイカ・モンロー、アレクシー・ギルモア、
   ルーカス・ヘッジス、 ブルック・スミス、J・K・シモンズ、
   ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、ディラン・ミネット

評価:★★




 ピーチパイを作る場面が良い。ご近所からお裾分けされた腐る寸前の大量の桃。それが太く荒れた無骨な手により旨そうなパイに生まれ変わる。決してきれいなキッチンではない。道具も手入れされていない。ひょっとすると埃でも入っていそうだ。それでも「直観」が大切にされたそれが、レシピ通りでは再現できない味と匂いを丁寧に伝える。

 『とらわれて夏』を手掛けたのはジェイソン・ライトマンで、おやっ、これはかなり大胆な方向転換だ。ライトマンと言えば「サンキュー・スモーキング」(06年)「JUNO ジュノ」(07年)「マイレージ、マイライフ」(09年)といった作品群でも分かるように、基本はコメディの人。そこにスポーツのスピードに似た性質を具えた会話力を持ち込んで、独自の世界を築き上げてきた。サスペンス仕立てのロマンス映画とは、どういう心境の変化か。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

バレット・オブ・ラブ

バレット・オブ・ラブ “The Necessary Death of Charlie Countryman”

監督:フレデリック・ボンド

出演:シャイア・ラブーフ、エヴァン・レイチェル・ウッド、
   マッツ・ミケルセン、ティル・シュヴァイガー、ルパート・グリント、
   ジェームズ・バックリー、ヴィンセント・ドノフリオ、メリッサ・レオ

評価:★★




 相変わらずエヴァン・レイチェル・ウッドは凄味がある。まだ20代半ばだというのに、この貫禄は何なんだ。チェロ奏者役で登場する『バレット・オブ・ラブ』でいつもと違う印象なのは、赤毛のショートヘアでキメているからだ。まとう空気がパンクに近い。真っ白な肌も付け睫毛とアイシャドーばっちりの目化粧も指輪やピアス等のアクセサリーもパンク風味。パンクで統一してもそれに呑まれないのがウッドだ。横顔の美しさも特筆に値する。ただし、真正面から見ると、エラの主張がやや煩くなってきたかもしれない。

 一見クライム・スリラーだ。旅先のルーマニア、ブカレスト、母を亡くした青年がひとりの美女に出会ったことをきっかけに命を危険に晒す犯罪に巻き込まれる。所謂観光名所は出てこないし、青年は物語が進めば進むほど、どんどん傷が増えていき、身体はボロボロになり、もちろん血塗れになる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アドミッション 親たちの入学試験

アドミッション 親たちの入学試験 “Admission”

監督:ポール・ウェイツ

出演:ティナ・フェイ、ポール・ラッド、ナット・ウルフ、
   リリー・トムリン、ウォーレス・ショーン、マイケル・シーン、
   グロリア・リューベン、トラヴァリス・スピアーズ、
   クリストファー・エヴァン・ウェルチ、ソーニャ・ヴァルゲル

評価:★★




 アメリカの大学入学試験が日本のそれとは全く異なるというのは良く知られているところ。高校での成績、統一試験、課外活動記録や推薦書、面接といったものの総合評価で合否が決まる。『アドミッション 親たちの入学試験』で最も興味深いのは、その過程を描いた描写だ。そこに潜む問題点を冷めた目で見つめながら、笑いへの変換を試みる。試験担当の見方次第で、あっさり生徒の運命は変わる。

 ティナ・フェイが演じるヒロインは大学側の人間で、ポール・ラッド演じる新設校の教師から一押しの卒業生を紹介される。このふたりの攻防を描く喜劇にするのが得策だと思うのだけれど、欲張ったポール・ウェイツはそこにロマンティック・コメディの要素や母性のドラマを絡ませる。どこに焦点があるのか分かり難いのはそのためだ。

 とりわけ母性のドラマは余計だ。一押し卒業生が若き日に養子に出した我が子だと知ったフェイの暴走が始まる。離れたくて離れたわけではない我が子を何とか合格させたい。斯くして彼女は平等な視点を持つことを忘れ、そればかりか不正を働くことを決意する。後半になるに従い、どうも不快感が強くなる。後味も良くない。この点が喜劇との相性の悪さに繋がっているからだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ターボ

ターボ “Turbo”

監督:デヴィッド・ソーレン

声の出演:ライアン・レイノルズ、ポール・ジャマッティ、マイケル・ペーニャ、
   スヌープ・ドッグ、マヤ・ルドルフ、ミシェル・ロドリゲス、
   サミュエル・L・ジャクソン、ベン・シュワルツ、ルイス・ガスマン、
   ビル・ヘイダー、ケン・チョン、リチャード・ジェンキンス

評価:★★




 スパイダーマンはクモに噛まれることで超人的な能力を手に入れたけれど、『ターボ』の主人公かたつむりは走行中の車に巻き込まれニトロに塗れることで超スピードを手に入れる。かたつむりはスローだから良いのではないかという突っ込みを無視して、ターボは大張り切り。かたつむり界のトップを目指すというのなら分かるものの、何と行き着く先は人間界のカーレース“インディ500”の頂点だ。アニメーションならではの思い切り方と寛容になれるかどうか。

 カーレーサーになることを夢見るかたつむりが兄と一緒にタコスの屋台を営む人間とタッグを組んで夢を叶えようとする。このプロットは実は、フランス料理のシェフを目指すネズミを描いたピクサーの「レミーとおいしいレストラン」(07年)が姿形を変えただけだ。最初から無理だと諦めてはいけない。大変分かり易く健全なメッセージ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2 “The Amazing Spider-Man 2”

監督:マーク・ウェブ

出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、
   デイン・デハーン、キャンベル・スコット、エンベス・デヴィッツ、
   コルム・フィオーレ、ポール・ジャマッティ、フェリシティ・ジョーンズ、
   サリー・フィールド、サラ・ガドン、デニス・リアリー、クリス・クーパー

評価:★★★




 スパイダーマンほど親近感を抱かせるヒーローはなかなかいない。正体であるピーター・パーカーが、いつもパーカー、ジーンズ、スニーカーを着用、リュックサックを背負って歩くどこにでもいる青年ゆえだ。加えて新三部作を手掛けるマーク・ウェブはこういう普通の青年を描くのが上手い。恋人であるグウェン・ステイシーとの掛け合いなど(喧嘩も含めて)、本当の恋人にしか見えなくて照れること照れること。抱える悩みも背伸びなんてしないで、恋や友情、家庭の問題という生活感あるものだ。

 それだからスパイダーマンにも茶目っ気が宿る。携帯電話の着信音が自分のテーマだったり、消防士の帽子を被って消火活動したり、コスチュームを洗濯したら色落ちしてしまったり…。思わず吹き出すこうしたエピソードはそのままギャグにもなっているけれど、同時に彼がすぐ傍らにいるヒーローだということへの確認にもなっている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ある過去の行方

ある過去の行方 “Le passé”

監督:アスガー・ファルハディ

出演:ベレニス・ベジョ、タハール・ラヒム、アリ・モサファ、
   ポリーヌ・ビュルレ、サブリナ・ウアザー、
   ババク・カリミ、ヴァレリア・カヴァッリ

評価:★★




 アスガー・ファルハディ映画を観る度に感心する。この監督は演出力が高い。登場人物との距離の取り方が優れていなければ、オープニングの空港場面でのベレニス・ベジョとアリ・モサファの声が聞こえない見せ方はできないだろうし、狭くて片付いていない家の中での登場人物の出し入れから窮屈さや舞台臭さを消し去ることもできなかったに違いない。頭が良いのだろう。ただ…。

 ただ、面倒臭い。頭が良いゆえに過剰に凝ってしまうというか、色々見え過ぎて描き込み過ぎてしまうというか、殊更心理を尊んで勿体ぶった画を選んでしまうというか。観る方もここはこういう意味があるのだろう、こう言いたいのだろうと分析的に観ることを強いられる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

レイルウェイ 運命の旅路

レイルウェイ 運命の旅路 “The Railway Man”

監督:ジョナサン・テプリツキー

出演:コリン・ファース、ニコール・キッドマン、真田広之、
   ステラン・スカルスガルド、ジェレミー・アーヴァイン、
   サム・リード、石田淡朗

評価:★★




 オープニングを飾るのはコリン・ファースとニコール・キッドマンの旅先での出会いだ。列車の中で顔を合わせたふたりが素っ気ない会話を出発点にして、急速にその距離を縮めていく。一度は別れながら互いを忘れられず、男が意を決して彼女に会いに行く。速攻で自宅に招き、手料理を振る舞い、浜辺でデート。気がつけば結婚している。ファースとキッドマンの組み合わせが新鮮なこともあり、なかなか楽しい。上等のロマンティック・コメディみたい。

 …が、結婚後事態は急変する。ファースは突如奇怪な行動に走る。亡霊に寄り添ったり、夢遊病のごとく彷徨ったり、奇声を上げたり、他人に切りかかったり…彼は戦争でビルマとタイを結ぶ死の鉄道建設に駆り出され、そこで日本兵から拷問を受け、今もそのトラウマに苦しんでいるのだった。それこそが『レイルウェイ 運命の旅路』の胆だ。ありゃ、がっくり。

 がっくりもするだろう。焦点が全然合わないままに話が進むからだ。その後、ファースがかつて自分を苦しめた相手に会いに行くという過去と向き合うドラマがあり、実はそれこそがいちばん描きたいところだろうに、見せ方も展開も戦争がもたらす傷を描くというよりは、サスペンスの強調と英国の紳士性賛美が主役になっている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

シャドウハンター

シャドウハンター “The Mortal Instruments: City of Bones”

監督:ハラルド・ズワルト

出演:リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、
   ロバート・シーハン、ケヴィン・ゼガース、レナ・ヒーディ、
   ケヴィン・デュランド、エイダン・ターナー、ジェマイマ・ウエスト、
   ゴッドフリー・ガオ、CCH・パウンダー、
   ジャレッド・ハリス、ジョナサン・リース=マイヤーズ

評価:★




 何だかリリー・コリンズを見る度に言っている気がする。彼女の眉毛は本当に主張が強い。可愛い女の子の太眉と言うと、ちょっと前まではジェニファー・コネリーを真っ先に思い浮かべたけれど、今はもう、コリンズの一人勝ち。どんな演出にも呑まれない迫力がある。太眉が作品を支配してしまうのだ。相手役のジェイミー・キャンベル・バウアーが細眉なので、余計に元気溌剌眉毛。

 どうやら作り手は眉毛にはさほど気を遣わなかったようで(それでも徐々に手入れが入ったかもしれない)、『シャドウハンター』はマーケティング通りの見せ方に終始する。ベストセラーの映画化という触れ込みもあるものの、はっきり言ってしまえば、これはもう「トワイライト」(08~12年)シリーズの終了で空いたポジションを狙っていることが見え見えだ。赤面必至の少女漫画的エピソードや画を並べ立て、さあ大金を稼ぎましょう。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー “Captain America: The Winter Soldier”

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ

出演:クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、
   アンソニー・マッキー、コビー・スマルダーズ、フランク・グリロ、
   エミリー・ヴァンキャンプ、ヘイリー・アトウェル、
   ロバート・レッドフォード、サミュエル・L・ジャクソン、
   ドミニク・クーパー、アーロン・ジョンソン、エリザベス・オルセン

評価:★★★




 一作目(11年)に描かれたキャプテン・アメリカの魅力は、何と言ってもレトロスペクティヴなヒーロー像にあった。無理もない。時代は第二次世界大戦下、敵はナチスの科学班であるヒドラだ。だがしかし、キャプテン・アメリカは現代アメリカに蘇る。いかにもアメリカ的な正義の心と共に。結果、そのヒーロー性がどこかで見たようなものになった感は否めない。

 人間的な描かれ方だった超人能力は、もはや不死身に通じるほど強力なものになり、そのアクションは視覚効果がバンバン投入された派手なものになった。星条旗がデザインされた盾をブーメラン代わりに操り(背負ったときは亀仙人風)、アクロバティックな技を次々キメながら疾走する姿。もはやスーパーマンよりもアメリカの匂いが濃い。爽快には違いないけれど、古風な魅力が薄れて、ちょっと勿体ない気もする。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

8月の家族たち

8月の家族たち “August: Osage County”

監督:ジョン・ウェルズ

出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、
   マーゴ・マーティンデイル、クリス・クーパー、ジュリエット・ルイス、
   ジュリアン・ニコルソン、ベネディクト・カンバーバッチ、
   ダーモット・マルロニー、アビゲイル・ブレスリン、
   サム・シェパード、ミスティ・アッパム

評価:★




 冒頭を観ればその映画が分かると良く言うけれど、本当にそうかもしれない。オクラホマの田舎町、夫サム・シェパードと家政婦ミスティ・アッパムの会話に妻メリル・ストリープが割り込んでくる件だけで辟易。見事期待を粉々に打ち砕く。ストリープの言葉や態度の隅々までがとにかく癇に障り、しかもそれに感じ入るところがなければ、可笑しいところもない。

 『8月の家族たち』でストリープが演じる役柄は口腔癌を患っていて、なおかつドラッグ中毒だ。力のある役者ならどうしたってやってみたいと思うだろうそれの、ど真ん中を行く。そうしてストリープはありとあらゆるテクニックを役柄に注ぎ込む。するとこれが…何ともまあ、呆れるくらいに大袈裟で押して押して押しまくるだけの演技でびっくり仰天。ジョン・ウェルズ監督は指示しなかったのだろうか。抑えて下さい…なんてストリープには言えないのか。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ