カントリー・ストロング

カントリー・ストロング “Country Strong”

監督:シャナ・フェステ

出演:グウィネス・パルトロウ、ティム・マッグロウ、ギャレット・ヘドランド、
   レイトン・ミースター、マーシャル・チャップマン、ラリ・ホワイト、
   ジェレミー・チャイルズ、J・D・パーカー、リサ・スチュワート

評価:★★




 次から次へと新しい音楽が登場している世の中。けれど結局、アメリカ人が最も好きなのはカントリー・ミュージックなのではないか。映画の中でもカントリーは大活躍。21世紀に入ってからだけでも「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」(05年)「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(06年)「クレイジー・ハート」(09年)が次々注目を集めた。いずれもカントリー業界で生きる者たちが描かれ、その音楽パフォーマンスは大きな見どころになっていた。その流れに乗ったのが『カントリー・ストロング』。カントリーの気持ち良さを堪能できることを、どうしたって期待する。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

シャンハイ

シャンハイ “Shanghai”

監督:ミカエル・ハフストローム

出演:ジョン・キューザック、コン・リー、渡辺謙、チョウ・ユンファ、
   菊地凛子、フランカ・ポテンテ、ジェフリー・ディーン・モーガン、
   ベネディクト・ウォン、ヒュー・ボナヴィル、デヴィッド・モース

評価:★★




 太平洋戦争開戦前夜のシャンハイが、中国のみならず、日本やヨーロッパ各国、そしてアメリカが利権を求めて入り乱れ、それゆえ「魔都」と呼ばれていたことは大変有名な話。なるほど映画の舞台としてはもってこい。ならばそこにどんな題材を持ち込めば良いだろうと考える。色々選択肢があったであろう中から選ばれたのは、スパイの絡んだ陰謀劇だ。なのに中盤以降、メロドラマの方向に傾いてしまった感が強い。男と女が障害を乗り越えて求め合い、バカバカしく坂を転げ落ちていく。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞 最終結果発表

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞の
最終結果を発表しました。以下の通りです。



◆作品賞:ソーシャル・ネットワーク(デヴィッド・フィンチャー監督)
   
◆監督賞:デヴィッド・フィンチャー(ソーシャル・ネットワーク)

◆主演男優賞:コリン・ファース(英国王のスピーチ)

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

イースターラビットのキャンディ工場

イースターラビットのキャンディ工場 “Hop”

監督:ティム・ヒル

出演:ジェームズ・マースデン、ケイリー・クオコ、ゲイリー・コール、
   エリザベス・パーキンス、デヴィッド・ハッセルホフ

声の出演:ラッセル・ブランド、ヒュー・ローリー、ハンク・アザリア

評価:★




 恥ずかしながらイースターバニーの「イースター」が南米チリのイースター島と関係があるとは知らなかった。ウサギたちはモアイ像の下に密かに大層立派なキャンディ工場を建設、ヒヨコたちと共にイースターデイ(復活祭)用のタマゴやキャンディ、チョコレートを大量生産しているのだ。うひょー、夢があるぅぅぅ!

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞 ノミネーション投票データ完全公開

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞の
ノミネーションの投票データを完全公開しました。

各部門の1位~5位は以下の通りです。

詳細はOSCAR PLANETをご覧下さい。


◆作品賞
 1. ブラック・スワン(ダーレン・アロノフスキー監督)
 2. ソーシャル・ネットワーク(デヴィッド・フィンチャー監督)
 3. トゥルー・グリット(ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督)
 4. 英国王のスピーチ(トム・フーパー監督)
 5. X-MEN:ファースト・ジェネレーション(マシュー・ヴォーン監督)

◆監督賞
 1. デヴィッド・フィンチャー(ソーシャル・ネットワーク)
 2. ダーレン・アロノフスキー(ブラック・スワン)
 3. トム・フーパー(英国王のスピーチ)
 4. ダニー・ボイル(127時間)
 5. ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン(トゥルー・グリット)

◆主演男優賞
 1. ジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャル・ネットワーク)
 2. コリン・ファース(英国王のスピーチ)
 3. ジェームズ・フランコ(127時間)
 4. ジェフ・ブリッジス(トゥルー・グリット)
 5. マイケル・ファスベンダー(X-MEN:ファースト・ジェネレーション)

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

August 19 - 21 weekend, 2011

August 19 - 21 weekend, 2011

1 The Help|$7,442(2690)$71,340,829
2 The Guard| $5,059(83)$1,217,689
3 ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路|$4,864(7)$34,046
4 猿の惑星:創世記(ジェネシス)|$4,644(3471)$133,583,862
5 サラの鍵|$3,831(201)$3,072,884
6 Amigo|$3,732(10)$37,324
7 スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション|$3,534(3295)$11,644,672

8 The Whistleblower|$3,430(44)$409,989
9 Conan the Barbarian|$3,324(3015)$10,021,215
10 One Day|$2,955(1719)$5,079,566


【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 「ハリー・ポッター」シリーズ前8作を完走したばかりのダニエル・ラドクリフさんに恋人がいることが明らかになりました。画家のロザンヌ・コーカーさんがその人で、「謎のプリンス」(09年)の撮影現場で出会って、交際はもう1年以上になるのだとか。写真を見てみると、コーカーさんは卵形の顔が印象的で、なかなかの地味っぷり。映画界に沢山いる美女の中から、お地味なコーカーさんを選ぶあたり、ラドクリフさんは良い人かもしれません。違うかもしれません。

続きを読む

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

カンフー・パンダ2

カンフー・パンダ2 “Kung Fu Panda 2”

監督:ジェニファー・ユー・ネルソン

声の出演:ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、
   ダスティン・ホフマン、セス・ローゲン、ルーシー・リュー、
   ジャッキー・チェン、デヴィッド・クロス、ゲイリー・オールドマン、
   ミシェル・ヨー、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、
   ヴィクター・ガーバー、デニス・ヘイスバート、ダニー・マクブライド

評価:★★




 一作目を観たとき主人公のパンダの父親がガチョウに設定されていることが気になっていた。映画だし、しかもアニメーションだし、全く意識することなくそういう設定になっているのではないかとも思ったけれど、二作目でホッとした。ちゃんとパンダはパンダから生まれた。そして理由があってガチョウに育てられた。『カンフー・パンダ2』はパンダのポーがアイデンティティーを探す物語になっている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ミート・ザ・ペアレンツ3

ミート・ザ・ペアレンツ3 “Little Fockers”

監督:ポール・ウェイツ

出演:ベン・スティラー、ロバート・デ・ニーロ、オーウェン・ウィルソン、
   ブライス・ダナー、テリー・ポロ、ローラ・ダーン、ジェシカ・アルバ、
   ダスティン・ホフマン、バーブラ・ストライサンド、ハーヴェイ・カイテル、
   デイジー・タハン、コリン・バイオッキ

評価:★★




 元々は「ロバート・デ・ニーロが義理の父親だったらどうなるか」というコンセプトが先にあったに違いない「ミート・ザ・ペアレンツ」(00年)。そこにダスティン・ホフマンとバーブラ・ストライサンドを投入したのが「ミート・ザ・ペアレンツ2」(04年)。どうやら作り手は強烈な個性を持つデ・ニーロに対抗するには濃いスターを投入すること(だけ)が重要だとフンだらしい。この勘違いは、そして三作目となる『ミート・ザ・ペアレンツ3』でさらにエスカレートする。笑いの質を磨くことを端から放棄して、新たにスターを起用して画面を派手にすることに全力投球。大味になっても可笑しくはならないのは当たり前だ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞 最終投票受付終了

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞の
最終投票の受付は8月20日まででした。

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

スーパー!

スーパー! “Super”

監督:ジェームズ・ガン

出演:レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー、
   ケヴィン・ベーコン、ネイサン・フィリオン、グレッグ・ヘンリー、
   マイケル・ルーカー、アンドレ・ロヨ、リンダ・カーデリーニ

評価:★★




 主人公の中年男のフランクは人生で完璧だった瞬間がふたつあると言う。ひとつは若く美しいサラ(リヴ・タイラーが綺麗)と結婚したとき、もうひとつは逃走犯が逃げた方向を警官に教えたとき。後はあぁ、なんと惨めな人生なんだと嘆く。サラのような美女と一緒になれたのだからそれでいいじゃないかとも思うけれど、まあ、幸せには上限がなく、不幸にも下限がないものだから難しい。『スーパー!』はそんな冴えない男が手作りヒーロー「クリムゾンボルト」になる物語。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

メカニック

メカニック “The Mechanic”

監督:サイモン・ウエスト

出演:ジェイソン・ステイサム、ベン・フォスター、ドナルド・サザーランド、
   トニー・ゴールドウィン、ジェームズ・ローガン、ミニ・アンデン、
   ジェフ・チェイス、クリスタ・キャンベル

評価:★★★




 最初の標的はコロンビアの麻薬王だ。厳重な警備の中、あんまり見たくない水着スタイルとなったターゲットが、屋内プールでのんびり泳ぎ始める。すると中ほどのプール底に何かを見つける。麻薬王はそれを手にしようと水の中に潜る。その刹那、底に潜んでいた殺し屋のジェイソン・ステイサムがヤツを破壊締め、アッという間に息の根を止めてしまう。どうやってそこに入り込んだのか、麻薬王がおとりのアイテムに気がつかなかったらどうするつもりだったのか、説明は一切ない。笑えるから、それでOKなのだ。この後ステイサムは更衣室で上半身の筋肉をアピールすることを忘れない。コロンビアまで出かけて何をやっているんだ!?

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

August 12 - 14 weekend, 2011

August 12 - 14 weekend, 2011

1 The Help|$10,278(2534)$35,918,416
2 猿の惑星:創世記(ジェネシス)|$7,541(3691)$105,208,226
3 The Guard|$6,014(47)$670,082
4 ファイナル・デッドブリッジ|$5,715(3155)$18,031,396
5 The Whistleblower|$5,245(22)$202,776
6 サラの鍵|$4,813(101)$2,024,025
7 30 Minutes or Less|$4,616(2888)$13,330,118
8 スマーフ|$4,007(3427)$101,778,741
9 Bellflower|$3,420(7)$55,893
10 The Future|$3,185(20)$234,552

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 現在最も注目されるフレッシュカップルと言ったらジャスティン・ビーバーさんとセレーナ・ゴメスさんということになるのでしょうか。この度ダラスのポルノショップに、ふたりの等身大のヌード像が飾られることになったそうです。これはダニエル・エドワーズさんというアーティストによる彫刻で、大切な部分はビーバーさんが楓の葉、ゴメスさんが星により隠されているんだとか。しかし…なんでまたビーバーさんとゴメスさんなんでっしゃろか。あんまり性欲はかき立てられないふたりだと思うんですけど。

続きを読む

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

ツリー・オブ・ライフ

ツリー・オブ・ライフ “The Tree of Life”

監督:テレンス・マリック

出演:ブラッド・ピット、ジェシカ・チャステイン、ショーン・ペン、
   フィオナ・ショウ、ハンター・マクラッケン、ララミー・エップラー、
   タイ・シェリダン、アイリーン・ベダード、ウィル・ウォレス

評価:★★




 テレンス・マリックにはどこかの山で隠遁生活でも送ってそうなイメージがつきまとう。寡作の人ということもあるし、巷に出回っている宣材写真が白髭を蓄えたものぐらいしかないのも理由になるけれど、それよりも「天国の日々」(78年)以来20年ぶりに撮り上げた「シン・レッド・ライン」(98年)や続く「ニュー・ワールド」(04年)が精神世界的な方向に入り込んでいたことが大きい。扱っている題材は戦争やらアメリカ史やらスケールが大きい。にも関わらず、人間の内面の奥底にまで深く入り込んだ、精神世界の探究とでも言うべき側面が色濃かったのだ。そして『ツリー・オブ・ライフ』である。その決定版とでも言うべき、マリック節炸裂の仕上がり。どこか別の世界にぶっ飛んでいってしまったような突き抜け方にほとんど困惑する。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

シンディにおまかせ

シンディにおまかせ “Extract”

監督:マイク・ジャッジ

出演:ジェイソン・ベイトマン、ミラ・クニス、クリステン・ウィグ、
   J・K・シモンズ、デヴィッド・ケックナー、クリフトン・コリンズ・ジュニア、
   ダスティン・ミリガン、ベス・グラント、T・J・ミラー、ベン・アフレック

評価:★★




 ジェイソン・ベイトマンが演じていることからも分かるように、主人公はいたってフツーだ。香料工場の社長として頑張る毎日。ただ、彼が頑張れば頑張るほどに、コトは上手く運ばない。彼の周囲を取り巻く者たちが、常識からちょっとずつズレているからだ。コーエン兄弟の「シリアスマン」(09年)からユダヤ人要素を抜き取った感じと言うと分かりやすいかもしれない。『シンディにおまかせ』はフツーの男の受難の日々がのんびりと描かれる。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

TWELVE トゥエルヴ

TWELVE トゥエルヴ “Twelve”

監督:ジョエル・シュマッカー

出演:チェイス・クロフォード、ロリー・カルキン、カーティス・ジャクソン、
   エミリー・ミード、エマ・ロバーツ、エスティ・ギンズバーグ、
   ビリー・マグヌッセン、エレン・バーキン、キーファー・サザーランド

評価:★★




 日本のティーンエイジャーにもワルはいるけれど、アメリカのティーンエイジャーのそれと較べると可愛いものだ。いかにもな服装のヤツらがコンビニ前でたむろして、せいぜいタバコを吸って身のない会話を交わすくらいのものだろう。アメリカのワルは外見自体は普通。いや、むしろリッチだ。学校社会では「上流階級」に入るようなのが、アメリカのワルなのだ。彼らは親の金を湯水のように使い、ドラッグやアルコール、美容に手間をかける。彼らが勝負を賭けるのはパーティだ。目一杯自分を飾り立て、ドンちゃん騒ぎの中で、誰よりも目立とうと必死だ。『TWELVE トゥエルヴ』を観ると、そういうアメリカのワルのバカさ加減が良く分かる。ホント、バカ。ほとんどバカパラダイス。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

モールス

モールス “Let Me In”

監督:マット・リーヴス

出演:コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ、
   リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ、
   カーラ・ブオノ、サーシャ・バレス、ディラン・ケニン

評価:★★★




 続編映画と同じくらいハリウッドで量産されているリメイク映画において、常々不思議で仕方がないのは、なんでまた傑作と呼ばれている作品を取り上げるのかということだ。オリジナルのストーリーの面白さに目をつけるのだから当然と言えば当然なのだけど、どうせなら「せっかくアイデアは良いのに脚本や演出が惜しい。あそこをこうやって改良したら面白くなるのに…」というもう一歩な作品を作り直す方がやり甲斐があるのに。映画はビジネスだ。安全牌を選んでしまうのを承知はしているつもりでも、うーん…。『モールス』なんて、つい最近製作されたばかりのスウェーデン映画の傑作「ぼくのエリ 200歳の少女」(08年)のリメイクだ。ホワイ?何かメリットはあるのか?

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ドライブ・アングリー3D

ドライブ・アングリー3D “Drive Angry 3D”

監督:パトリック・ルシエ

出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィシュナー、
   ビリー・バーク、シャーロット・ロス、クリスタ・キャンベル、
   トム・アトキンス、ケイティ・ミクソン、デヴィッド・モース

評価:★★




 3D映画が幅を利かせるようになって数年経つけれど、『ドライブ・アングリー3D』ほどそれを意識した映画はなかったのではないか。奥行きを出す見せ方なんかには目もくれず、ひたすら「飛び出す」楽しさに賭けている。物語なんてどうでも良い。キャラクターの描き込みも二の次三の次だ。とにかく画面に映ってるもんを飛び出させようぜ!

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

August 5 - 7 weekend, 2011

August 5 - 7 weekend, 2011

1 猿の惑星:創世記(ジェネシス)|$15,024(3648)$54,806,191
2 Gun Hill Road|$12,600(3)$37,800
3 Bellflower|$11,140(2)$22,279

4 The Guard|$10,123(19)$307,509
5 Attack the Block|$9,718(8)$295,831
6 The Whistleblower|$8,715(7)$61,002
7 サラの鍵|$8,177(67)$1,279,891
8 スマーフ|$6,098(3395)$75,904,246
9 The Devil's Double|$6,013(33)$342,151
10 この愛のために撃て|$5,283(9)$109,677

【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 TVシリーズ「glee/グリー 踊る!?合唱部♪」でお馴染みのディアナ・アグロンさんが鼻の整形手術を二度受けたことを告白しました。一度目は高校生のときパーティでケンカした際に折ったため、二度目はつい先日パーティに出かけた際に折ったため。うーん、骨折してしまっては、そりゃお直しするしかないですね。セレブリティの皆さん、これは狙い目。堂々と整形を受けるためには各当箇所を骨折するのです!メディアも「しょーがねーなー」で済ましてくれるでしょう。多分。

続きを読む

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

メタルヘッド

メタルヘッド “Hesher”

監督:スペンサー・サッサー

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、デヴィン・ブロシュー、
   ナタリー・ポートマン、レイン・ウィルソン、パイパー・ローリー、
   ジョン・キャロル・リンチ、フランク・コリソン、
   オードリー・ヴァシレフスキ、ポール・ベイツ

評価:★★★




 ひょっとするとジョセフ・ゴードン=レヴィットには内向的なイメージがついているのかもしれないけれど、彼がブチキレ演技を見せるのは『メタルヘッド』が初めてではない。「キルショット」(09年)では事ある毎に銃をぶっ放すイカれたチンピラを嬉々として演じていたし、「G.I.ジョー」(09年)の悪役も堂に入っていた。起用な役者なのだ。ゴードン=レヴィットのキレ方には芸がある。無闇やたらと騒いで気分を出す、そこいらの輩とは力の差は歴然。この映画など、彼の存在こそが見ものになっている。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン “Transformers: Dark of the Moon”

監督:マイケル・ベイ

出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、
   ジョシュア・デュアメル、フランシス・マクドーマンド、
   ジョン・マルコヴィッチ、ジョン・タトゥーロ、タイリース・ギブソン、
   パトリック・デンプシー、ケヴィン・ダン、ジュリー・ホワイト、
   ヒューゴ・ウィーヴィング、レナード・ニモイ

評価:★★




 あれだけ地球をぶっ壊しておきながら、機械生命体たちはまだ壊し足りないらしい。二作目などアメリカを飛び出してエジプトの町を大々的に破壊していたけれど、それで満足できないのだろうか。しかしマイケル・ベイ監督も、さすがに他国を破壊して喜んでいる場合じゃないと気づいたのかもしれない。三作目となる『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』はアメリカ、それもシカゴに絞ったバトルが繰り広げられる。今度はオーストラリアだ、いやいや日本だろう、それともブラジルあたりも面白いかも…と頭悪く考えられても困っちゃうから、歓迎するべきことなのだろう。でもどうせなら、名優を担ぎ出せば良いというものではない、歴史を絡めても深味が出るわけでもない、ということにも気づいて欲しかったところだ。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

カーズ2

カーズ2 “Cars 2”

監督:ジョン・ラセター、ブラッド・ルイス

声の出演:オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、
   マイケル・ケイン、エミリー・モーティマー、エディ・イザード、
   ジョン・タトゥーロ、トーマス・クレッチマン、ジョー・モントーニャ、
   ボニー・ハント、トニー・シャルーブ、ジェイソン・アイザックス、
   ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブルース・キャンベル、チーチ・マリン

評価:★★★




 世の中には続編映画が氾濫していて、そういうのは大抵が商業主義に偏った退屈な仕上がりとなる。一作目のファンへの恥ずかしい目配せやら、キャラクターに寄り掛かった平坦な物語やら、やたらスケールだけを大きくした短絡さやら…。だから「トイ・ストーリー」三部作は別格として、ピクサーが「カーズ」(06年)の続編を送り出してきたのには落胆した。ピクサーにはもっと彼らにしかできない独創性を追求して欲しいと思うのだ。とは言え、ピクサーは続編映画と言えど、同じことの繰り返しには全く興味がなかったようで、『カーズ2』はいきなりスパイ映画となる。ピクサーの良心がちらつく。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

デビルクエスト

デビルクエスト “Season of the Witch”

監督:ドミニク・セナ

出演:ニコラス・ケイジ、ロン・パールマン、クレア・フォイ、
   スティーヴン・キャンベル・ムーア、スティーヴン・グラハム、
   ウルリク・トムセン、ロバート・シーハン、クリストファー・リー

評価:★★




 ニコラス・ケイジがアクションスターとして開眼したのは「ザ・ロック」(96年)で間違いない。「コン・エアー」(97年)「フェイス/オフ」(98年)を畳み掛けて、一気にそのポジションを確保した。あの頃と今では彼のアクションスターとしてのイメージは、随分変わったように思う。ケイジ自身はどう変わったというところはなく、相変わらず一流スターであるのだけれど、作品にどれもこれもB級感が漂うようになった。それもとんでも映画的B級感。一見正統派、でも実はそりゃないだろー的な無謀さがてんこ盛りというパターン。珍作と簡単に言い換えることもできる。『デビルクエスト』はまさしくその流れにある。「60セカンズ」(00年)で組んだドミニク・セナとの再タッグだというのに、何故。ある意味期待通り。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

復讐捜査線

復讐捜査線 “Edge of Darkness”

監督:マーティン・キャンベル

出演:メル・ギブソン、レイ・ウィンストン、ダニー・ヒューストン、
   ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、ショーン・ロバーツ、
   デヴィッド・アーロン・ベイカー、ジェイ・O・サンダース

評価:★★★




 かつてメル・ギブソンは息子を誘拐された際、メディアを最大限利用しながらジリジリと犯人を追い詰めた(「身代金」(96年))。あれから15年が経ち、今度は娘を誘拐されるどころか殺されてしまうから、さあ大変。仕掛けられる前に仕留めてやるとばかりに、シレッと法を突っ切って暴走するギブソンは、静かに燃える牛の如し。ひぃぃぃ、誰が止められるかっちゅーの。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

July 29 - 31 weekend, 2011

July 29 - 31 weekend, 2011

1 The Future|$27,137(1)$27,137
2 The Devil's Double|$19,283(5)$96,414
3 The Guard|$19,209(4)$76,834
4 Attack the Block|$17,198(8)$137,580

5 サラの鍵|$11,112(33)$536,650
6 スマーフ|$10,489(3395)$35,611,637
7 カウボーイ&エイリアン|$9,715(3750)$36,431,290

8 キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー|$6,879(3715)$117,421,571
9 この愛のために撃て|$6,839(6)$41,031
10 Crazy, Stupid, Love.|$6,326(3020)$19,104,303


【タイトル|一館あたりの興収(公開館数)累計興収】赤字:初登場作品 青字:上昇作品

 PLAYBOY誌の創設者として知られるヒュー・ヘフナーさんは現在85歳。先日結婚直前に逃げられてしまったクリスタル・ハリスさん25歳に、「あの人、2秒しかモタないのよ!」と、ある意味結婚ドタキャン以上の屈辱的な発言を浴びせ掛けられましたが、この度、それに反論しました。彼によると、交際中の2年半、彼らは毎週必ずセックスしていて、その際ハリスさん以外の女性とも関係を持っていたんだとか。つまり「それくらい性欲のある俺が2秒しかモタないわけないだろ!」ということでありましょう。ヘフナーさん、85歳にしてギンギン。羨まし…くないのは何故でしょう。

続きを読む

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞 ノミネーション投票データ一部公開

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞の
ノミネーションの投票データを一部公開しました。

各部門の6位~10位は以下の通りです。

詳細はOSCAR PLANETをご覧下さい。


◆作品賞
 6. 127時間(ダニー・ボイル監督)
 7. ザ・ファイター(デヴィッド・O・ラッセル監督)
 8. ザ・タウン(ベン・アフレック監督)
 9. 塔の上のラプンツェル(ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード監督)
10. SUPER 8/スーパーエイト(J・J・エイブラムス監督)

◆監督賞
 6. デヴィッド・O・ラッセル(ザ・ファイター)
 7. ベン・アフレック(ザ・タウン)
 8. マシュー・ヴォーン(X-MEN:ファースト・ジェネレーション)
 9. J・J・エイブラムス(SUPER 8/スーパーエイト)
10. ファティ・アキン(ソウル・キッチン)

◆主演男優賞
 6. ライアン・ゴズリング(ブルーバレンタイン)
 7. マーク・ウォルバーグ(ザ・ファイター)
 8. ジェームズ・マカヴォイ(X-MEN:ファースト・ジェネレーション)
 9. ハヴィエル・バルデム(BIUTIFUL ビューティフル)
10. ベン・アフレック(ザ・タウン)

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

胃腸風邪

 更新を楽しみにして下さっている皆様には申し訳ないのですが、しばらくの間(おそらく一週間程度)、更新を休止します。理由は…、

 実は先週前半より体調が悪くなり、時間を追うごとに悪化、猛烈な吐き気と腹痛、発熱、そして下痢に悩まされています。病院で受診したところ、胃腸風邪とのことですが、どうにもこうにも良くなる気配がありません。特に下痢が酷く、昼も夜も10分に一回はトイレに駆け込むという状況で、終いには持病であるヘルペスが右目まぶたにできて、ボクシングで殴られたように腫れ上がってしまいました。

 映画を観るコンディションでは全くないですし、パソコンに向かうのも辛いので(椅子に座るのも辛いのです。ワケは…察して下さい…)、無理にキーボードを叩くのではなく、今は体調回復のみに努めたいと思います…。

 おそらく再開まで長引くということはないと思いますが、いつも読んで下さっている奇特な皆様、ご理解下さいませ…。そして、胃腸風邪には十分気をつけましょう。ホント、辛いです…。

 なお、この件に関してのお見舞いのメールや掲示板の書き込みは必要ありませんので、よろしくお願いします。

 それから OSCAR PLANET との共同企画であるプラネット映画賞の最終投票の受付は予定通り、8月1日より受け付けます。お時間のあるときにでも、ぜひご参加下さい。

続きを読む

テーマ : 戯 言
ジャンル : 映画

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞 最終投票受付スタート

The 17th Planet Movie Awards/第17回プラネット映画賞の
最終投票の受付がスタートしました。

作品賞、監督賞、主演男女優賞、助演男女優賞の全6部門。
受賞に相応しいと思われる候補作品、候補者がない場合は、
無理に選ぶ必要はありません。

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:Yoshi
Planet Board(掲示板)

旧FILM PLANET

OSCAR PLANET




since April 4, 2000

バナー
FILM PLANET バナー

blogram投票ボタン
blogram投票ボタン
人気ページ<月別>
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Friends
福☆こもろ